ピナレロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ウルリッヒが1997年のツール・ド・フランスで使用し、優勝したモデル

ピナレロ (Pinarello) とはイタリアの自転車会社。名門ロードバイクメーカーであり、他にもトラックレーサークロスバイクトライアスロン用自転車、シティサイクルや子供用自転車も製造する。[1]

1953年ジョヴァンニ・ピナレロによって興されたブランド。現在は息子のファウストが指揮を執っている。本拠地はトレヴィーゾ

コルナゴビアンキデローザなどと並び、イタリアンバイクの代表格である。

1990年代にはミゲル・インドゥラインの所属するバネスト(現在のモビスター・チーム)にフレームを供給し、ツール・ド・フランスジロ・デ・イタリアなど多くの大レースで勝利を挙げたことで、一躍日本でもその存在を知られるようになった。(ちなみに、1991年から2007年までの間にツール・ド・フランスの個人総合優勝者が乗っていたフレームはピナレロの他にビアンキトレックの3社だけである[2]

現在では一般的なインテグラルヘッドカーボンバックを開発したことでも知られており、また独特の形状をしたフォークを開発するなどデザイン面においても他社と一線を画しているほか、ホリゾンタルフレームを採用している数少ないメーカーのひとつである。カーボンフレームが主流となってきた近年においてアルミニウム合金マグネシウム合金を使用した金属フレームを得意とする同社の地位は低下しつつあるかに見えたが、東レからカーボンシートの供給を受けるなど、意欲的に新フレームの開発に取り組むことで、第一級レーシング・ブランドとしての地位を維持している。

現在は「ピナレロ」ブランドの他、姉妹ブランドとして「オペラ」を製作・販売している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]代理店ページではロードバイク以外の自転車も掲載されている。
  2. ^ 1999年から2005年までのランス・アームストロングの優勝はのちにドーピング疑惑で抹消され、この7年間に関しては「優勝者なし」の扱いになっている。それを差し引いても2007年にアルベルト・コンタドールがトレックの自転車で優勝している。

外部リンク[編集]