ピアノソナタ第13番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランツ・シューベルトピアノソナタ第13番(だい-ばん)イ長調1819年夏作曲者21歳の時の作品。作品120。D664。

3楽章構成の小規模ソナタで優雅な小品として愛好者も多い。後年のピアノソナタ第20番は4楽章の大作なので「イ長調大ソナタ」、本作を「イ長調小ソナタ」と称している。

曲の構成[編集]

ソナタ形式。冒頭のC-D-Eの進行が繰り返され、浮揚感を演出している。右手は音域の広いCAEの三和音であるが、多くの解説ではアルペジョ奏法で良いとされている。中間部は両手オクターブの連続であるが、作者時代のピアノは打鍵も柔和な触感だったので、速度設定も現代のピアノとは違いがある。再現部以降は形式どおり。
1対4の対比が全楽章を支配する。長短調が交錯していて微妙な陰影を醸し出している。
  • 第3楽章 Allegro イ長調 8/6拍子 
ソナタ形式。モーツァルト風な愉悦に満ち溢れた旋律に始まる軽快な終楽章で、華々しい音階進行が全曲を駆け巡る。