ピアノソナタ第6番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランツ・シューベルトピアノソナタ第6番ホ短調D.5661817年作曲。1888年に第1楽章だけ出版された。自由な調性の選択と、旋律の美しさが際立った初期の未完作。

曲の構成[編集]

3楽章構成でありソナタ作品としては未完成。なおハワード・ファーガソンに、作曲者は最終楽章としてホ長調で4分の2拍子の楽曲を当てようとしていたのではないか、と指摘されている。

簡単なソナタ形式。冒頭にG-H-Eの主和音を鳴らし単純な主題がはじまる。ソナタ形式に縛られて回りくどい印象を与えることを恐れたのか展開部は短い。第2主題は穏やかなト長調。そして再現部のあとは第2主題をホ長調にしたままで明るく終わる。簡単ながら「ホ短調」に収まらない穏和な楽章。
ソナタ形式。非常に美しい無言歌風の緩徐楽章。識者にはベートーヴェンのソナタ第27番の模倣だと指摘される。Gis-Gis-Gis-H-A-Gis, Fis-Gis-Aの息長い旋律線がゆったりと全曲を覆う。随所に3連符をいれて動きをつけている。
スケルツォ風の舞曲。増二度が登場し野卑な印象を与える。転調も自由でイ長調-変イ短調と目まぐるしい。中間部は変ニ長調