ビル・ローリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビル・ローリング

ビル・ローリングSir Wallance Edward Rowling, 1927年11月15日 - 1995年10月31日)は、ニュージーランド政治家。第30代ニュージーランド首相

歴史[編集]

モツエカ生まれ。農家の出身。ネルソンの名門ネルソン・カレッジを卒業後、クライストチャーチのカンタベリー・カレッジ(現在のカンタベリー大学)で経済学を専攻する。教員養成校を卒業後、小学校教師となる。その後、教員生活を引退し、ニュージーランド軍へ入隊する。軍学校の助手となり、マレーシアシンガポールで任務に就く。マラヤ危機に配備される。

1960年の総選挙にニュージーランド労働党より出馬するが落選。1962年にニュージーランド労働党の議員ジェリー・スキナーの死去に伴い行われた補欠選挙で当選する。1972年の総選挙でノーマン・カークが勝利し、ローリングは財務大臣に就任する。1974年にカークが急死し、ヒュー・ワットが代理首相を務める。ニュージーランド労働党はローリングを後任党首に選び、第30代ニュージーランド首相に就任する。

前任のカークが人気ある首相であったためノーマンの人気はいまひとつであった。1975年の総選挙ではローリングの人気を起こすためのキャンペーン“Citizens for Rowling”を掲げ、エドモンド・ヒラリージェフリ・パルマーなど著名人を援軍に選挙戦を展開するもロバート・マルドゥーン率いるニュージーランド国民党に敗北する。その後も、野党党首として活動するも1982年にデビッド・ロンギに党首を交代し政界から引退する。

政界引退後は駐米大使(1985年 - 1988年)を歴任し、ニュージーランド国立博物館の設立に参加する。博物館の構想はその後ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワとして設立された。

先代:
ノーマン・カーク
ニュージーランドの首相
1974年9月6日 - 1975年12月12日
次代:
ロバート・マルドゥーン
先代:
ノーマン・カーク
ニュージーランド労働党党首
1974年9月6日 - 1982年2月3日
次代:
デビッド・ロンギ