ヒユ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒユ科
W hinatainokoduti1101.jpg
ヒナタイノコズチ
Achyranthes bidentata var. tomentosa
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae Juss.
和名
ヒユ科
英名
Amaranth family
  • 本文参照

ヒユ科(Amaranthaceae)は双子葉植物の分類群。ほとんどがで、世界に70属800種ほど(日本には5属10数種)あり、特に熱帯に多い。は小さい風媒花で総状・穂状などの花序をなす。花被は5枚、子房上位

利用[編集]

観賞用に栽培するものとして、ケイトウ(鶏頭)、ハゲイトウ(葉鶏頭)、センニチコウ(千日紅)などがある。

一部のものは食用にされる。ヒモゲイトウ(センニンコク[仙人穀]、属名アマランサスでも呼ばれる)は南米穀物として利用され、日本でもわずかに栽培された。ハゲイトウに近縁なヒユなどは野菜として利用され、よく似たイヌビユハリビユなどは雑草としてよく見られる。

おもな属[編集]

分類[編集]

最新のAPG植物分類体系では、アカザ科もここに含めている。