アオゲイトウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アオゲイトウ
Amaranthus retroflexus
Amaranthus retroflexus
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae
亜科 : Amaranthoideae
: ヒユ属 Amaranthus
: アオゲイトウ A. retroflexus
学名
Amaranthus retroflexus
L.[1]
英名
redroot amaranth、common amaranth

アオゲイトウ(青鶏頭、学名: Amaranthus retroflexus)は、ヒユ科ヒユ属一年草空き地荒地道端などに生育し、駆除が厄介な植物である。

形態・生態[編集]

は高さ1〜2メートルになり、直立する。成形の茎は直立した時に赤みを帯びる。茎には縦線がくっきりと出ている。

は細長いひし形で、先が鋭い。互生につく。

からにかけて、緑色の太く短い花穂をつける。花穂は葉腋から出てくる。

分布[編集]

熱帯アメリカ原産で、外来種帰化植物)として日本などに分布している[2]

人間との関わり[編集]

Travancore Cheera Thoran.JPG

毒性(腎毒性)を有する。腹腔内に褐色の液体に貯留されている。腎周囲の浮腫

若芽・若葉は食用可能。

近縁種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Amaranthus retroflexus L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年11月1日閲覧。
  2. ^ 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本 : handy & color illustrated book : 収録数550種超!』 秀和システム2006年、490頁。ISBN 4-7980-1485-0

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]