ヒメヒカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメヒカゲ
Coenonympha oedippus - Nature Conservation-001-073-g034.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 鱗翅目 Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科 : ジャノメチョウ亜科 Satyrinae
: ヒメヒカゲ属 Coenonympha
: ヒメヒカゲ C. oedippus
学名
Coenonympha oedippus
(Fabricius, 1787)
和名
ヒメヒカゲ
(姫日陰)
英名
The False Ringlet
亜種
  • C. o. annulifer(Butler)
    本州中部亜種
  • C. o. arothius(Okada & Torii)
    本州西部亜種
雌の腹面

ヒメヒカゲ(姫日陰、 Coenonympha oedippus)は、チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科に属するチョウの一種。

概要[編集]

翅裏は茶色地に、中央に銀紋を配した金環の蛇の目模様がはっきりと並ぶ。後翅裏では前縁に1つ、外縁に沿って小大大小と4つの金環が現れ、地域によってはこの4連金環の内側には黄褐色の帯が並行にかかる個体群もある。

主に乾性草原に生息するが、ゴルフ場の開発などによって絶滅に追い立てられている。成虫はあまり花は訪れない。

幼虫の食草はヒカゲスゲヒメカンスゲアオスゲショウジョウスゲなどのカヤツリグサ科植物、まれにススキ。卵は食草の葉や茎、あるいは食草付近に独立して産みつけられる。年1化性で成虫は6~7月にかけて発生。越冬態は3齢幼虫。

近縁種にシロオビヒメヒカゲがいる。北海道にのみ生息し、斑紋はかなり異なるので区別は容易。

分布[編集]

生息地は局所的に分断されている。長野県以西の本州中部、近畿(まれ)、中国山地。分断されて生息しているためいくつかの地理的変異がある。

国外ではユーラシア大陸中北部。

保全状況評価[編集]

本州中部亜種C. o. annulifer

本州西部亜種C. o. arothius

関連項目[編集]

参考文献[編集]