ヨハン・ファブリチウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Johann Christian Fabricius

ヨハン・ファブリチウスまたはファブリキウス(Johan Christian Fabricius、1745年1月7日1808年3月3日)は、デンマーク動物学者である。

概要[編集]

特に節足動物を含む昆虫学の分野で業績を上げた。カール・フォン・リンネの弟子で、18世紀のもっとも重要な昆虫学者である。10.000種近い動物を命名し、近代的な昆虫の分類の基礎を築いた。

当時、シュレースヴィヒ公国のトゥナ(Tønder)に医者の息子として生まれた。1762年にコペンハーゲン大学に入学し、その年の暮れ、ウプサラのリンネのもとに行き、彼のもとで2年間学んだ。コペンハーゲンに戻った後、父親の資金援助のもとで昆虫の分類的研究に専念し、1775年に研究を発表した[1]

1770年にコペンハーゲン大学の教授に任じられ、1776年にキール大学の自然史、経済学の教授となった。キール大学は自然史博物館と植物園を新設した。何度か職を辞そうとしたが、学生たちがデンマーク王でシュレースヴィヒ公国のクリスチャン7世に留任を要請することによって思いとどまったこともある。キール大学に在職中に博物学者のジョセフ・バンクスや昆虫学者のドゥルーリ(Dru Drury)の標本の調査にロンドンを訪れ、晩年はパリで博物学者のジョルジュ・キュヴィエや昆虫学者ピエール・アンドレ・ラトレイユと会見した。

ファブリチウスの著書には以下のものがある。9,776種の昆虫を記載した[2]

Systema entomologiæ (1775)
Genera insectorum (1776)
Species insectorum (1781)
Mantissa insectorum (1787)
Entomologia systematica emendata et aucta (1792–1799)
Systema eleuthatorum (1801)
Systema rhyngotorum (1803)
Systema piezatorum (1804)
Systema antliatorum (1805)
Systema glossatorum (1807)

ファブリチウスのコレクションはロンドン自然史博物館や、パリ自然史博物館オックスフォードのホープ昆虫学科、グラスゴーのハンテリアン博物館、キールの動物学博物館、コペンハーゲンのデンマーク自然史博物館(Statens Naturhistoriske Museum)などに保存された[3]

著書[編集]

  • Systema entomologiae sistens insectorum classes, Leipzig 1775
  • Anfangsgründe der oekonomischen Wissenschaften, 1778
  • Philosophia entomologica, Hamburgo 1778
  • Genera insectorum; Species insectorum sistens eorum differentias specificas, synonymia auctorum, loca natalia, metamorphosis, etc..., Hamburgo 1779
  • Species insectorum: exhibentes eorum differentias specificas, synonyma auctorum, loca natalia, metamorphosis, adjectis observationibus, descriptionibus, 2 Bände, 1781
  • Über die Volksvermehrung, insonderheit in Dänemark, 1781
  • Entomologia systematica emendata et aucta: Secundum classes, ordines, genera, species, adjectis synonimis, locis, observationibus, descriptionibus, 5 Bände, 1798
  • Systema antiliatorum, 1805

脚注[編集]

  1. ^ Johan Christian Fabricius" (in Danish). Dansk biografisk leksikon. 5 (1st ed.). Projekt Runeberg. 1891. pp. 24–30. http://runeberg.org/dbl/5/0026.html
  2. ^ S. L. Tuxen (1967). "The entomologist J. C. Fabricius". Annual Review of Entomology 12: 1–15. doi:10.1146/annurev.en.12.010167.000245
  3. ^ Jon-Arne Sneli, Jørgen Knudsen & Antonia Vedelsby (2009). "Johan Christian Fabricius and his molluscan species, Acesta excavata (J. C. Fabricius, 1779)" (PDF). Steenstrupia 30 (2): 153–162. http://zoologi.snm.ku.dk/english/publications/steenstrupia/early_volumes/sneli_et_al2009.pdf/

ウィキメディア・コモンズには、ヨハン・ファブリチウスに関するカテゴリがあります。