パシフィックビーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パシフィックビーチ
Pacific Beach
Pacific Beach Skyline.jpg
パシフィックビーチのサーファーたち
愛称 : P.B.
座標 : 北緯32度42分52秒 西経117度14分25秒 / 北緯32.71444度 西経117.24028度 / 32.71444; -117.24028
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  カリフォルニア州
  サンディエゴ
 町 パシフィックビーチ
その他
等時帯 太平洋標準時 (UTC-8)
夏時間 太平洋夏時間 (UTC-7)
クリスタル・ピアから南方向の眺め

パシフィックビーチ(Pacific Beach)は、アメリカ合衆国西海岸にあるカリフォルニア州サンディエゴ市内の一区域。北端はラホーヤ、南端はミッションビーチ、ミッション湾に接しており、東は州間高速道路五号線、西は太平洋で区切られている[1]

住民の多くは若者、サーファー、大学生だが、地価や賃貸料が値上がり傾向にあるため、住民層が徐々に変化しており、従来よりも年齢が高く、専門職を持ち、裕福な人々が増えてきている。

地元住民はこの町を“PB”と呼ぶ。サンディエゴのなかでも、夜の娯楽がとりわけ充実した地域であり、バー、レストラン、衣料品店などが数多く立ち並んでいる。

また、この町は、アメリカの人気ミステリー作家、ドン・ウィンズロウの小説『夜明けのパトロール』シリーズのおもな舞台でもある[2]

海岸[編集]

パシフィックビーチが誇る海岸線は、ミッション湾からラホーヤの崖まで長く続いている。海岸沿いに、全長およそ五キロメートルの遊歩道(正式名: Ocean Front Walk/Ocean Boulevard)があり、北はロー・ストリートの端から始まって、南はミッションビーチまで続き、ミッション湾にぶつかって終わる。遊歩道沿いには、店、バー、レストランが数多く並び、路上はたいてい、歩行者をはじめ、自転車に乗った者やローラーブレードを履いた者、買い物客などでにぎわっている。また、遊歩道とつながったところにクリスタル・ピアという公共の埠頭がある。

道路[編集]

パシフィックビーチの町内にある道路は、何度か改名を繰り返したあと、1900年に現在の名称に落ち着いた[3]

海岸沿いの南北にのびる大通りが、ミッション・ブルバードである。この町の南北方向の道路は、19世紀末のアメリカ司法省の役人から名前をとって、海岸に近いほうからABC順に命名されている。ミッション・ブルバードはかつてアリソン(Allison)・ストリートといい、これがAに相当する。続いて、ベイアード(Bayard)、カス(Cass)、ドーズ(Dawes)、エバーツ(Everts)、ファニュエル(Fanuel)、グレシャム(Gresham)、ヘインズ(Haines)、イングレアム(Ingraham)、ジュウェル(Jewell)、ケンドール(Kendall)、ラモント(Lamont)、モレル(Morrell)、ノイス(Noyes)、オルニー(Olney)、ペンデルトン(Pendleton)。

一方、東西方向の道路には、おもに宝石の名前が付けられている。ミッション・ブルバードの北端と交わる道路から、南へ順に、以下の通り。

  • ターコイズ(トルコ石
  • サファイア
  • トルマリン
  • オパール
  • ローリング
  • ウィルバー
  • ベラル(緑柱石
  • ロー
  • カルセダニ(玉髄
  • ミズーリ
  • ダイヤモンド
  • エメラルド
  • フェルスパー(長石。現代ではfelsparのつづりが一般的だが、この道路の名はfelsparという古いつづりを使っている)
  • ガーネット(宝石名は第一音節にアクセントがあるが、この道路の名称は/ɡɑrˈnɛt/と第二音節にアクセントを置いて発音される)
  • ホーンブレンド(角閃石。鉱物名の正しいつづりはHornblendeだが、この道路の名称はHornblendとつづる)
  • グランド
  • トーマス
  • リード
  • オリバー
  • パシフィックビーチ・ドライブ

歴史[編集]

クリスタル・ピア

パシフィックビーチは、1886年から1888年にかけての好況期に、D・C・リード、A・G・ガッセン、チャールズ・W・ポーレイ、R・A・トーマス、O・S・ハッベルによって開拓された。うちハッベルが、「穀物畑を一掃し、テントを建て、区画の詳細を決め、土地の競売人を雇って、誘致を始めた」という[3]。人集めをめざして、競馬場とサンディエゴ文科大学がつくられ(どちらも現存していない)、サンディエゴの中心街とパシフィックビーチとを結ぶ鉄道が敷設された(のちにラホーヤまで延長)。

カリフォルニアの町はたいがいそうだが、このパシフィックビーチも、1880年代に大陸横断鉄道が完成したことがきっかけで発展が始まった。1902年には、海に面した不動産が350〜700ドルで販売されていたが、1950年になると、町の人口は3万人に達し、平均的な家が12,000ドルになった[4]。今日の売値は数百万ドルの域に入りかねない。

1960年代も、町の発展は続いた。サンディエゴ市がミッションベイ・パークに投資したことにともない、アイランディア・ホテル、バケーションビレッジ・ホテル、ヒルトン・ホテルなどが建造された影響も大きい。さらに1964年には、パシフィックビーチから数キロほどのところにシーワールドが開園した。

現在、パシフィックビーチの住民は、大学生、独身の専門職者ほか、わりあい若い世代が目立つ。レストランや夜の盛り場が人気を集め、ガーネットアベニューを中心に、レストラン、バー、パブ、喫茶店など、飲食やショッピングの店が立ち並んでいる。

教育[編集]

パシフィックビーチの公立学校はサンディエゴ統一学区に含まれており、ミッションベイ高校、パシフィックビーチ中学のほか、いくつかの小学校などがある。また、サンディエゴ市内の大学はこの町にかなり集中しており、カリフォルニア大学サンディエゴ校サンディエゴ大学サンディエゴ州立大学、ポイント・ローマ・ナザレ大学などがある。

憩いの場[編集]

パシフィックビーチでのサーフィン

この町の西側に接する海は、サーフィンの人気スポットとなっている。また、南に広大なミッションベイ・パークがあるほか、北東部にケイトセッションズ・パーク、町の中ほどにはパシフィックビーチ・レクリエーションセンターがある。

町全体に平坦な土地や豊かな湿地帯が広がっており、ローズ・クリークという川が、パシフィックビーチを通ってミッション湾へ注ぎ込んでいる。

メディア[編集]

サンディエゴの地元報道メディアとしては、日刊新聞『サンディエゴ・ユニオン・トリビューン』、週刊紙『ビーチ&ベイ・プレス』などがある。

ナイトライフ[編集]

パシフィックビーチは、サンディエゴの“夜のお楽しみ”を支える町の一つといえる。ガーネット・アベニュー(とくに、イングレアム・ストリートとの交差点から、ミッション・ブルバードとの交差点までのあいだ)には、バーやレストランが数多く軒を連ねている[5]。サンディエゴの中心街にくらべ、若い客層向けの店が多い。

地元出身の有名人[編集]

  • フランク・ボムペンシエロ ギャング
  • アダム・グネイド ミュージシャン、小説家
  • スキップ・フライ プロ・サーファー
  • ダナ・フライ 元・市会議員、市長候補者
  • ポーレイ・ショア 俳優、元・MTVテレビ番組司会
  • トニー・グウィン・ジュニア ロサンゼルス・ドジャーズの外野手

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]