バーサンジャブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巴森扎布
巴 森
プロフィール
出生: 1954年
出身地: 中華人民共和国の旗 新疆ウイグル自治区
ボルタラ・モンゴル自治州
職業: 俳優
各種表記
繁体字 巴森扎布
巴森
簡体字 巴森扎布
巴森
拼音 bā sēn zhā bù
bā sēn
発音転記: バーサンジャブ
バー・セン、バ・セン
テンプレートを表示

バーサンジャブ[1]巴森扎布1954年 - )は中国出身[2]モンゴル族俳優。身長178cm。

中国国内では 巴森バー・セン)の名前で活動している。

日本では、大河ドラマ『北条時宗』のクビライ役で知られている。

来歴[編集]

1954年、新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州の牧農家に生まれる。父は、地元では有名な民族歌手であった。

1974年、内モンゴル芸術学院を卒業した後、中央軍委員工程兵・文工団専任のダンサーとなる。文工団が解散した後、内モンゴル映画制作厰の裏方として働く傍ら、端役をもらうようになる。

1993年、映画『東帰英雄伝』の中でモンゴルの英雄・阿拉坦桑(アラタンサン)役を演じ、、第5回中国映画演技学会賞を獲得した。

2000年、監督の思いつきで扮装した若きチンギス・ハーンの姿が様になっていたことがきっかけで、テレビドラマ『チンギス・ハーン』のタイトル・ロールを射止める。

これ以降、中国国内はもとより、フランスにチンギス・ハーンを紹介する短編映画に同役で出演するなど、「チンギス・ハーン役」の役者として知られるようになり、他にもモンゴル民族の英雄役が多い。

チンギス・ハーンの次男・チャガタイの末裔であると言われているバーサンジャブは、インタビューで「今まで10人以上の役者がチンギス・ハーンを演じてきたが、皆ふぬけている。私は、人間としての血の通った、肉のあるチンギス・ハーンを演じたい」と語り、自らが演じる上での理想とするチンギス・ハーン像については「敵が一目私の目を見ただけで、負けを認めひれ伏すような。友が私の目を一目見て、信じるに足る男だと思ってくれるような」と答えている[3]

2001年、『北条時宗』で日本のテレビドラマに初出演した当時、日本のマスコミはバーサンジャブを「モンゴル族高倉健」と紹介した。

主な出演作[編集]

邦題、原題、役名の順。

映画
テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ フルネームを「ミジド・バーサンジャブ = Mijid Baasanjav」と紹介した日本のサイトがあるが、中国語検索サイトではヒットしない名前であり、情報ソースは不明である。
  2. ^ 日本の『レッドクリフ』関連出版物や記事の多くには、「モンゴル出身」もしくは「モンゴル人俳優」とのみ記載されているが、出生地・国籍共にモンゴル国ではなく中華人民共和国である。
  3. ^ 巴森:蒙古族高仓健 文摘报 (中国語)

外部リンク[編集]