バイロン原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイロン原子力発電所
バイロン原子力発電所
バイロン原子力発電所の位置(イリノイ州内)
バイロン原子力発電所
バイロン原子力発電所の位置
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
座標 北緯42度4分27秒 西経89度16分55秒 / 北緯42.07417度 西経89.28194度 / 42.07417; -89.28194 (バイロン原子力発電所)座標: 北緯42度4分27秒 西経89度16分55秒 / 北緯42.07417度 西経89.28194度 / 42.07417; -89.28194 (バイロン原子力発電所)
現況 運転中
運転開始 1985年9月
運営者 エクセロン
種類 加圧水型軽水炉
テンプレートを表示

バイロン原子力発電所(バイロンげんしりょくはつでんしょ、英:Byron Nuclear Generating Station)は、アメリカイリノイ州のロック川から3.2kmのところにある原子力発電所である。1号機は1985年9月、2号機は1987年8月に操業を開始した。現在はエクセロン社によって、管理、運営されている。この発電所で発電された電力は、主にシカゴ市へ送られる。

概要[編集]

本発電所には2つの加圧水型軽水炉があり、出力はそれぞれ1168MWである。冷却塔は2つあり、それぞれ151mである。冷却水は本発電所から3.2kmのとこにあるロック川から取っている。冷却水に使用された水は冷却塔で冷やされ、ロック川へ戻される。 1981年本発電所の原子炉容器などが完成する前に少なくとも3つのグループがバイロン発電所の完成を停止する訴訟を起こしている。

事故[編集]

2012年1月、2号機の外部電源が失われる事故が発生した。これによって、2号機は緊急停止した。炉の圧力を下げるために低レベル放射性物質のトリチウムを含む蒸気を大気中に放出したが、原発作業員や周辺住民の健康には影響しないレベルだとしている[1][2][3][4]

出典[編集]

  1. ^ http://www.nrc.gov/reading-rm/doc-collections/news/2012/12-004.iii.pdf
  2. ^ http://abcnews.go.com/US/wireStory/ill-nuclear-reactor-loses-power-venting-steam-15474737
  3. ^ Shutdown At Exelon Nuclear Plant Near Rockford”. CBS. 2014年1月25日閲覧。
  4. ^ 米イリノイ州の原発、緊急停止 外部電源が喪失 47NEWS

関連項目[編集]