ハードスパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハードスパン
BreedersCupClassic2007-HardSpun.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2004年5月8日
Danzig
Turkish Tryst
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Michael Moran
& Brushwood Stable
馬主 Fox Hill Farms
調教師 J. Larry Jones
競走成績
生涯成績 12戦7勝
獲得賞金 2,673,470USドル
WTRR D/I 122(最高値)
テンプレートを表示

ハードスパン (Hard Spun) はアメリカ合衆国競走馬種牡馬である。おもな勝ち鞍は2007年キングスビショップステークス。主戦騎手はマリオ・ピノ

略歴[編集]

2006年10月にデラウェアパークの未勝利戦でデビューし、8と3/4馬身の圧勝でデビュー戦を飾る。するとそのまま年明けのG3ルコントステークスまで4連勝する。その後、一般競走のサウスウェストステークスで初黒星を喫するも、G2のレーンズエンドステークスを勝利し、クラシック路線の有力馬としてみられるようになる。しかし肝心のクラシック戦線では、ケンタッキーダービー2着、プリークネスステークス3着、ベルモントステークス4着と常に上位には入ったものの、一度も勝利することはできなかった

ベルモントステークスの後は、ハスケル招待ハンデキャップに出走するも、エニーギヴンサタデーに交わされ、カーリンとの2着争いを制するに留まる。そこで距離を短縮したキングスビショップステークスに出走し、初めてG1を制覇し、さらに次走のG2ケンタッキーカップクラシックステークスではストリートセンスを破っている。

続いてブリーダーズカップ・クラシック出走。不良馬場となった当日のレースでは、それを利用して果敢に逃げ粘るも、最後にカーリンにかわされて2着に敗れた。

2008年よりアメリカ・ケンタッキー州のジョナベルファームで種牡馬として供用される。初年度の種付け料は50000ドル。初年度産駒から20頭以上のステークス勝ち馬が現れ、北米セカンドクロップランキング1位、ファーストクロップおよびサードクロップランキングで各2位になるなど、多くの活躍馬を送り出している。2014年は日本のダーレージャパンスタリオンコンプレックスで種付け料400万円で供用されたが、この年限りでジョナベルファームに復帰する。

成績詳細[編集]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ハードスパン血統ダンジグ系 / Native Dancer4×5=9.38%、Polynesian5×5=6.25%)

Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Pas de Nom
1968 黒鹿毛
Admiral's Voyage Crafty Admiral
Olympia Lou
Petitioner Petition
Steady Aim

Turkish Tryst
1991 栗毛
Turkoman
1982 黒鹿毛
Alydar Raise a Native
Sweet Tooth
Taba Table Play
Filipina
Darbyvail
1974 栗毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Luiana My Babu
Banquet Bell F-No.16-h

外部リンク[編集]