ハンドボール全日本男子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンドボール全日本男子
国または地域 日本の旗 日本
協会 日本ハンドボール協会
IOCコード JPN
監督 日本の旗 清水博之
ホームカラー
アウェイカラー
世界男子ハンドボール選手権
出場回数 11回(初出場は1961
最高成績 10位 (1970)
アジア男子ハンドボール選手権
出場回数 13回
最高成績 優勝(1977、1979)
オリンピックハンドボール競技
出場回数 4回
最高成績 5位 (1976)

ハンドボール全日本男子は、日本ハンドボール協会により結成される男子ナショナルチームである。

概要[編集]

オリンピック出場4回、世界選手権出場9回を数える。世界選手権の最高位は1970年の10位。1997年世界選手権は地元開催で、決勝トーナメントまで進出したが、1回戦でフランスに敗れる。

2007年豊田市スカイホール豊田で開催された北京オリンピックアジア予選では3位となり、オリンピック出場の道は絶たれた。しかし、この予選における審判団の中東贔屓の判定に対して日本・韓国が国際ハンドボール連盟に抗議した結果、予選結果を無効とし、やり直しとする裁定が下った。(中東の笛問題)この裁定に中東諸国が反発したため、やり直し予選は2008年に日本・代々木体育館で日本と韓国のみが参加して行われたが、日本はこれに敗退し、世界最終予選へ廻ることになった。世界最終予選(開催地クロアチア)は日本・クロアチア・アルジェリア・ロシアの4国によるリーグ戦となり、1勝2敗で北京オリンピックへの道は絶たれた。

成績[編集]

オリンピック[1][編集]

世界選手権[編集]


アジア競技大会[編集]

  • 1982年  2位準優勝
  • 1986年  3位3位
  • 1990年  2位準優勝
  • 1994年  2位準優勝
  • 1998年  3位3位
  • 2002年 4位
  • 2006年 6位
  • 2010年  3位3位 

アジア選手権[編集]

  • 1977年  1位優勝
  • 1979年  1位優勝
  • 1983年  2位準優勝
  • 1987年  2位準優勝
  • 1989年  2位準優勝
  • 1991年  2位準優勝
  • 1993年  3位3位
  • 1995年 4位
  • 2000年  3位3位
  • 2002年 6位
  • 2004年  2位準優勝
  • 2006年 5位
  • 2008年 7位
  • 2010年  3位3位
  • 2012年 4位
  • 2014年 9位


脚注[編集]

関連項目[編集]