ハリエット・クインビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Harriet Quimby
操縦を学んだモアザン単葉機に乗るクインビー

ハリエット・クインビー(Harriet Quimby、1875年5月11日 - 1912年7月1日)は、アメリカ合衆国の女性パイロット、映画脚本作家である。1911年にアメリカ航空クラブから操縦士ライセンスを取得した最初の女性となった。1912年ドーバー海峡の横断飛行に成功した最初の女性となった。

ミシガン州Arcadiaに生まれた。1900年代の初めに家族とともにサンフランシスコに移り、ジャーナリストになった。1903年ニューヨークでLeslie's Illustrated Weeklyの劇評家となり、9年間に250以上の記事を書いた。1910年に飛行機に興味に持ち、ロングアイランドで行われたBelmont Park International Aviation Tournamentを観戦した時に、マチルデ・モアザンとジョン・モアザンの兄弟と親しくなった。ジョン・モアザンは有名な飛行家で航空学校を経営していた。1911年8月1日に試験を受け、パイロットのライセンスを得た最初のアメリカ人女性となった。すぐ後にマチルデ・モアザンが2番目のライセンスを得た女性となった。

1911年には5編の映画脚本を書きBiograph Studiosでサイレント映画として撮影された。D・W・グリフィスが監督し、Florence La Badie、 Wilfred Lucas、Blanche Sweetらのスターが出演した。

清涼飲料水のメーカー、ヴィン・フィズはスポンサーとなっていたパイロットのカルブレイス・ロジャースが事故で死ぬと、クインビーを雇い、紫の飛行服を着せて広告に用いた。1912年4月16日カレーから60kmを飛行し、ドーバー海峡を横断した最初の女性パイロットとなったが、その前日に起こったタイタニック号の悲劇のためにメディアの注目を集めることは殆どなかった。

1912年7月1日マサチューセッツ州のSquantumで開かれた、第3回ボストン航空大会で、主催者のウィリアム・ウィラードを同乗させた新品のブレリオ単葉機が原因不明の故障を起こし、飛行機から投げ出されて、2人は死亡した。