ハラブジャ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
事件の犠牲者

ハラブジャ事件(ハラブジャじけん)とは、1988年3月16日イラク東部のハラブジャ英語版にて化学兵器が使われた事件戦闘員ではなく、一般市民の抹殺を図ったとされる。

概要[編集]

イラン・イラク戦争の末期、クルド人が多数を占めるハラブジャ住民が、イラン側に協力したとして、サッダーム・フセイン政権が化学兵器を使用し、住民の殺害を図ったとされる。

使用された化学兵器は、マスタードガスサリンVXガスなど複数の種類が極めて大量に用いられたとされているが詳細は不明である。ただ、当時イラクはこれらの化学兵器をまだ所有・開発しておらず、ジャーナリストのケネス・ツィンマーマンによれば、ドイツ人顧問指導の下で化学兵器工場生産されたシアン化水素化合物青酸ガス)を使用したとの見方が有力だという。このガスはナチス・ドイツユダヤ人に対してガス室で使用した物と酷似しているという[1]

米中央情報局(CIA)分析官の経歴を持つペレティエ米陸軍大教授(当時)らは1990年の報告書で「イラン・イラク両軍が化学兵器を使った。現実にクルド人を殺したのはイラン軍の爆撃である可能性が高い」と指摘した。彼によると、死者はシアン(青酸)ガス中毒の兆候を示していたが、シアンガスを使っていたのは、イラン軍だったという。

死者5,000人、負傷者10,000人との推定もあるが、詳細は不明である。ただし、多数の負傷者の存在は、イラン・イラク戦争停戦後に外国人ジャーナリスト医師により確認されており、多数の住民が巻き込まれたことは確実とされている。

各国の反応[編集]

  • イラク政府からの正式発表はなく、難を逃れたクルド人が抵抗組織などを通じて世界にアピールし、化学兵器使用の実態が判明した。
  • イラン・イラク戦争にて、スンナ派イスラーム諸国、欧米諸国などの多くがイラク側を支持していたことから、ほぼ黙殺される状況になった。
  • ヨーロッパの企業や研究機関が、イラク側に化学兵器の元となる原料を売り、それがクルド人に対して使用されたことが明らかになりつつあるとし、軍事目的に使用されることを知りながらイラクに売却した当時の関係者の責任を問う声があがり、旧政権のために化学兵器を調達したオランダ人ビジネスマンFrans Van Anraatが逮捕され、禁固刑を受けた。
  • サッダーム政権は一貫して、「事件はイランの仕業」と関与を否定した。

批判[編集]

イラン・イラク戦争を優先させるためにアメリカや欧米諸国はこの事件を黙殺していると批判がある。

このような自国が支援する側の犯罪を黙殺した例は過去にも存在している。例えば第二次世界大戦ではナチス・ドイツに対抗するために米英仏中は「敵の敵は味方」の理屈で連合国に加えたソビエト連邦の犯罪を黙認しレンドリース法によって武器を支援した事や、朝鮮戦争で北朝鮮・中国・ソ連に対抗するために韓国の保導連盟事件を黙殺していた事が前例である。

脚注[編集]

  1. ^ 幻冬舎「サダム その秘められた人生」コン・コクリン著 伊藤真訳 p304

関連項目[編集]