ハシグロボウシインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハシグロボウシインコ
ハシグロボウシインコ
ハシグロボウシインコ Amazona agilis
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: インコ科 Psittacidae
: Amazona
: ハシグロボウシインコ A. agilis
学名
Amazona agilis (Linnaeus, 1758)
和名
ハシグロボウシインコ
英名
Active amazon
All-green amazon
Black-billed amazon
Black-billed parrot

ハシグロボウシインコAmazona agilis)は、動物界脊索動物門鳥綱オウム目インコ科に分類される鳥類。

分布[編集]

ジャマイカ中部および東部固有種[1]

形態[編集]

全長25-27cm。[1]上面は緑色、下面は淡緑色の羽毛で被われる。[1]頭頂は青灰色の羽毛で被われ、耳孔を被う羽毛(耳羽)は黒く、額に赤い斑紋が入る個体もいる。[1]頸部を被う羽毛の外縁(羽縁)は暗色で、鱗状に見える[1]尾羽の色彩は緑色で、外側尾羽基部に青い縁取りのある赤い斑紋が入る。[1]初列雨覆の色彩は赤い。[1]初列風切の色彩は青、次列風切の色彩は緑色で、先端は暗青色。[1]

虹彩は暗褐色。[1]嘴の色彩は暗褐色で、先端に向かうにつれ色彩が淡くなる。[1]後肢の色彩は暗灰色。[1]

生態[編集]

標高500-1,600mにある基底石灰岩の多湿林やその周辺に生息する。[1]渡りは行わないが、食物を求めて移動する。[1]6-40羽の群れを形成して生活するが、200羽に達する大規模な群れを形成することもある。[1]降雨時に翼を交差させ、樹上にぶら下がりながら水浴びを行う。[1]

食性は植物食で、果実種子、芽などを食べる。[1]

1-2月に求愛を行う。繁殖形態は卵生。3-5月に樹洞やキツツキの古巣に、1回に2-3個(まれに4個)の卵を産む。[1]主にメスが抱卵し、飼育下では抱卵期間は28日。[1]雛は孵化してから8週間で巣立つ。[1]

人間との関係[編集]

トウモロコシやパパイア、マンゴーなどの農作物を食害する[1]害鳥とみなされることもある。

開発や採掘による生息地の破壊、害鳥としての駆除、食用やペット用の乱獲などにより生息数は激減している。[1]さらにハリケーンによっても生息数が減少している。[1]ジャマイカでは法的に保護の対象とされている。[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、74、196-197頁。

外部リンク[編集]