ハゴロモガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハゴロモガラス
ハゴロモガラス(オス)
ハゴロモガラス(オス)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ムクドリモドキ科 Icteridae
: Agelaius
: A. phoeniceus
学名
Agelaius phoeniceus
和名
ハゴロモガラス
英名
Red-winged Blackbird

ハゴロモガラス (学名:Agelaius phoeniceus) は、スズメ目ムクドリモドキ科に分類される鳥類の一種。

名前に「カラス」とあるがカラスの仲間ではない。

分布[編集]

新北区新熱帯区に生息する。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

謎の大量死[編集]

2010年12月31日夜、アメリカ南部アーカンソー州ピービで数千羽が死んでいるのが見つかった[1]。米メディアではアルフレッド・ヒッチコックの『』さながらだと報じている。死んだ鳥の胸には内出血の跡があり、複雑骨折していた。原因は新年を迎える為にあげられた花火に驚き、鳥たちがお互いに衝突死した模様。[2]

脚注[編集]