ノー・クォーター (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノー・クォーター
ジミー・ペイジ&ロバート・プラントライブ・アルバム
リリース 1994年11月8日
録音 1994年 マラケシュウェールズロンドン
ジャンル ハードロック、エジプト音楽、モロッコ音楽
時間 79分39秒(インターナショナル盤)
レーベル フォンタナ・レコードイギリスの旗
アトランティック・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース ジミー・ペイジ、ロバート・プラント
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(オーストラリア[1]
  • 4位(アメリカ[2]
  • 7位(イギリス[3]
  • 10位(スウェーデン[4]
  • 13位(ニュージーランド[5]
  • 15位(日本[6]
  • 16位(スイス[7]
  • 18位(ドイツ[8]
  • 27位(オーストリア[9]
  • 33位(オランダ[10]
ジミー・ペイジ&ロバート・プラント 年表
ノー・クォーター
(1994年)
ウォーキング・イントゥ・クラークスデイル
(1998年)
テンプレートを表示

ノー・クォーター』(原題:No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded)は、元レッド・ツェッペリンジミー・ペイジロバート・プラント1994年に連名で録音・発表したライブ・アルバムMTVアンプラグドの特別番組「Unledded」のために行われた演奏を収録したもので、1994年8月25日から26日にかけてロンドンで行われたライブ録音に、マラケシュウェールズで録音された楽曲も加えられた[11]。「Unledded」は10月12日にアメリカで放映されて[12]、同年には本作も発表された。レッド・ツェッペリン時代の楽曲に新たな編曲を施した演奏と、新曲「ヤラー」「シティ・ドント・クライ」「ワンダフル・ワン」「ワー・ワー」が収録されている。

本作に参加したチャーリー・ジョーンズは、プラントのソロ活動におけるバンドのメンバーで、また、マイケル・リーもプラントのツアー・メンバーを務めていた[13]。その他、ザ・キュアーのポール・トンプソンや、ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ、エジプトやマラケシュのミュージシャン等も本作に参加した。

本作からシングル・カットされた「ギャロウズ・ポウル」は、全英シングルチャートで35位に達した[3]

アメリカ盤リマスターCD[編集]

2004年に発売されたアメリカ盤リマスターCDは、オリジナル盤に収録されていた「Thank You」「Yallah」が外された代わりに、「The Truth Explodes」、「The Rain Song」及び、アメリカ初回盤には収録されていなかった「Wah Wah」が収録された[14]。また、ジャケット・デザインも変更されている。

収録曲[編集]

特記なき楽曲はジミー・ペイジとロバート・プラントの共作。インターナショナル盤は14曲入りだが、アメリカ初回盤には「ワー・ワー」は収録されなかった[15]

  1. 俺の罪 - "Nobody's Fault but Mine" - 4:06
  2. サンキュー - "Thank You" - 5:48
  3. ノー・クォーター - "No Quarter" (Jimmy Page, Robert Plant, John Paul Jones) - 3:45
  4. フレンズ - "Friends" - 4:36
  5. ヤラー - "Yallah" - 4:59
  6. シティ・ドント・クライ - "City Don't Cry" - 6:08
  7. あなたを愛し続けて - "Since I've Been Loving You" (J. Page, R. Plant, J. P. Jones) - 7:30
  8. 限りなき戦い - "The Battle of Evermore" - 6:41
  9. ワンダフル・ワン - "Wonderful One" - 4:57
  10. ワー・ワー - "Wah Wah" - 3:59
  11. ザッツ・ザ・ウェイ - "That's the Way" - 5:35
  12. ギャロウズ・ポウル - "Gallows Pole" (Traditional / arr. J. Page, R. Plant) - 4:09
  13. フォア・スティックス - "Four Sticks" - 4:52
  14. カシミール - "Kashmir" - 12:27

参加ミュージシャン[編集]

CD(PHCP-1310)英文ブックレットのクレジットに基づく。

  • ロンドン・メトロポリタン・オーケストラ
    • Rosemary Furniss - ヴァイオリン
    • David Juritz - ヴァイオリン
    • Rita Manning - ヴァイオリン
    • Elizabeth Layton - ヴァイオリン
    • Ian Humphries - ヴァイオリン
    • Perry Montague-Mason - ヴァイオリン
    • Mark Berrow - ヴァイオリン
    • Pauline Lowbury - ヴァイオリン
    • Clare Thompson - ヴァイオリン
    • Jessica O'Leary - ヴァイオリン
    • David Ogden - ヴァイオリン
    • Peter Hanson - ヴァイオリン
    • Jeremy Williams - ヴァイオリン
    • Cathy Thompson - ヴァイオリン
    • Ed Coxon - ヴァイオリン
    • Anne Morlee - ヴァイオリン
    • Harriet Davies - ヴァイオリン
    • Andrew Brown - ヴィオラ
    • Rusen Gunes - ヴィオラ
    • Andrew Parker - ヴィオラ
    • Bill Hawkes - ヴィオラ
    • Nichalas Pendlebery - ヴィオラ
    • John Jezard - ヴィオラ
    • Jane Atkins - ヴィオラ
    • Caroline Dale - チェロ
    • Cathy Giles - チェロ
    • Stephen Milne - チェロ
    • Ben Chappell - チェロ
    • Jonathan Tunnel - チェロ


脚注[編集]