ノドジロクサムラドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノドジロクサムラドリ
ノドジロクサムラドリ
ノドジロクサムラドリ(オス)
Atrichornis clamosus
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Menurae
亜目 : コトドリ亜目 Menurae
: クサムラドリ科 Atrichornithidae
: クサムラドリ属 Atrichornis
: ノドジロクサムラドリ
A. clamosus
学名
Atrichornis clamosus (Gould, 1844)
和名
ノドジロクサムラドリ
英名
Noisy scrub-bird

ノドジロクサムラドリAtrichornis clamosus)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目クサムラドリ科クサムラドリ属に分類される鳥類。

分布[編集]

オーストラリア西オーストラリア州南西部)固有種

形態[編集]

全長16-23cm。メスよりもオスの方が大型になる。上面は褐色や暗褐色の羽毛で覆われ、暗褐色の横縞が入る。喉は白い羽毛で覆われ、腹部や尾羽基部の下面(下尾筒)は赤褐色の羽毛で覆われる。

卵は長径2.9cm、短径2cmで、黄褐色の殻で覆われ褐色の不規則な斑紋が入る。幼鳥は上面に横縞が無い。喉や胸部は赤褐色、腹部や下尾筒は白い羽毛で覆われる。

オスは喉に「八」字状に太く白い筋模様が入り、喉や上胸に黒い横縞が入る。

生態[編集]

海岸の周辺にある下生えが密生した林縁に生息する。地表棲で、飛翔することは少ない。オスは6-9ヘクタールの縄張りを形成し、生活する。

食性は動物食で、昆虫クモカエル、小型爬虫類などを食べる。地表を徘徊しながら、獲物を捕食する。

繁殖形態は卵生。他種の囀りを真似して取り入れた短く複雑な囀りを行う。婚姻形態は一夫一妻か一夫多妻。ドーム状で産座として腐食質を敷いた巣をメスが作り、5-11月(主に6月)に1回に1-2個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は36-38日(1日中抱卵を行うわけではなく、短時間だが卵は放置される。)。雛は孵化してから21-28日で巣立つ。オスは生後3年、メスは生後2年以内に性成熟する。寿命は約9年と考えられている。

人間との関係[編集]

開発や野火による生息地の破壊などにより生息数は減少した。1842-1889年の間に6か所で発見例があったのみで絶滅したと考えられていたが、1961年に再発見された。1966年に生息地が保護区に指定された。保護区内での野火の発生防止などの環境整備により、生息数は増加傾向にある。1993年における生息数は約1,000羽と推定されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 オーストラリア、ニューギニア』、講談社2000年、89、193頁。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥III』、平凡社1986年、10-11頁。

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「ノドジロクサムラドリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類