ニール・サリバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニール・サリバン Football pictogram.svg
Neil Sullivan.png
名前
愛称 サリー
カタカナ ニール・サリバン
ラテン文字 Neil SULLIVAN
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 1970年2月24日(44歳)
出身地 サットン・ロンドン特別区
身長 194cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 AFCウィンブルドン
ポジション GK
背番号 35
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1988-2000
1992
2000-2003
2003-2004
2004-2007
2007-
2012-
イングランドの旗 ウィンブルドンFC
イングランドの旗 クリスタル・パレス
イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー
イングランドの旗 チェルシー
イングランドの旗 リーズ・ユナイテッド
イングランドの旗 ドンカスター・ローヴァーズ
イングランドの旗 AFCウィンブルドン
181 (0)
1 (0)
64 (0)
4 (0)
95 (0)
193 (0)
1 (0)
代表歴2
1997-2003 スコットランドの旗 スコットランド 28 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年12月13日現在。
2. 2008年5月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj


ニール・サリバン(Neil Sullivan, 1970年2月24日 - )はイングランドサットン・ロンドン特別区出身のサッカー選手。ポジションはGKスコットランド代表として28試合に出場した。

経歴[編集]

1988年ウィンブルドンFCでプロキャリアをスタート。しかし、プロキャリアの船出は順風満帆とは行かず、出場機会に恵まれなかった。1991–92シーズン途中にクリスタル・パレスへレンタル移籍を経験、ここで2部ながらプロデビューを飾る。ウィンブルドン復帰後もゴールマウスは遠い存在だったが、1995–96シーズンから徐々に出場機会を増し、正GKを確固たるものにした。一方で、デビッド・ベッカムにハーフウェー・ラインからロング・シュートを決められた上に、このゴールがFAの1993年から10年間のベスト・ゴールに選定されるという不名誉な記録もある。

ウィンブルドンの降格に伴い2000-2001シーズンからはトッテナム・ホットスパーに加入。直ぐにレギュラーを獲得。その実力は当時のイングランド代表正GKデビッド・シーマンと同等、もしくはそれ以上と評価され「ブリテン島最高のGK」と評された。しかし、2002-2003シーズンは怪我と調整の失敗で出場ゼロに屈し、翌年チェルシーへ移籍。

チェルシーでも一度崩れてしまった調子を取り戻すのは難儀で、一年でリーズ・ユナイテッドへ移籍。

ポール・ロビンソンのリプレースを期待されたサリバンは、それをクラブ最優秀選手選出という形で表した。

2007年からレンタル移籍からの完全移籍でドンカスター・ローヴァーズに所属。


代表[編集]

スコットランド代表として28試合に出場し、1998 FIFAワールドカップのメンバーにも選出されている。


この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。