コリン・ヘンドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリン・ヘンドリー Football pictogram.svg
名前
本名 エドワード・コリン・ヘンドリー
カタカナ コリン・ヘンドリー
ラテン文字 Colin Hendry
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 1965年12月7日(48歳)
出身地 キース
身長 185cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983-1987
1987-1989
1989-1991
1991-1998
1998-2000
2000-2001
2000-2001
2001-2003
2002

2002-2003
ダンディー
ブラックバーン
マンチェスター・シティ
ブラックバーン
レンジャーズ
コヴェントリー・シティ
ボルトン(Loan)
ボルトン
プレストン・ノースエンド(Loan)
ブラックプール
TOTAL
41(2)
102(22)
63(5)
235(12)
22(0)
11(0)
9(1)
16(2)
2(0)

14(0)
515(44)
代表歴
1993-2001 スコットランドの旗 スコットランド 51(3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

コリン・ヘンドリーEdward Colin Hendry, 1965年12月7日 - )は、スコットランドキース出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはDF

現役時代はダンディーブラックバーンマンチェスター・シティレンジャーズコヴェントリー・シティボルトンプレストン・ノースエンドブラックプールでプレーした。

経歴[編集]

地元のユースクラブでFWとしてキャリアをスタートさせた。1983年にダンディーに入団。1987年、当時イングランドの2部のクラブであったブラックバーンに移籍し、DFとなった。ブラックバーンで活躍した後、1989年にマンチェスター・シティに移籍する。1991年にケニー・ダルグリッシュが監督に就任したブラックバーンに復帰。チームのプレミアリーグ昇格に貢献し、1994-95シーズンには「SAS」と呼ばれたアラン・シアラークリス・サットンのコンビと共にクラブのプレミアリーグ初優勝に貢献した。

1998年には400万ポンドでスコティッシュ・プレミアリーグレンジャーズに移籍し、活躍の場をスコットランドに移すが、怪我や監督であるディック・アドフォカートに対する不満などもあり、クラブの黄金期の中で満足な結果を残す事はできなかった。その後、2000年にコヴェントリー・シティ、2001年にボルトンに移籍。プレストン・ノースエンドへのレンタル移籍を経て、2002年にブラックプールに移籍し、2003年に現役を引退した。

スコットランド代表としては27歳で代表デビューと比較的遅かったが、スコットランド代表として51試合に出場し、1998年のW杯フランス大会ではキャプテンとして代表を率いた。2002年のW杯日韓大会の予選でも活躍していたが、2001年3月28日に行われたサンマリノ戦で2ゴールを決めた後、サンマリノ代表のニコラ・アルバーニに対するファウルで6試合の出場停止処分を受けてしまい、この試合がヘンドリーにとっての最後の国際舞台となってしまった。

約20年に渡る現役生活で500試合以上に出場し、クラブでは40ゴール以上を挙げ、代表ではキャプテン、ディフェンスの要として活躍した選手であった。引退後は2004年にブラックプールの監督、2006年にボストン・ユナイテッドの監督補佐を経て、2007年にクライドの監督に就任したが、2008年に辞任した。