ニューイングランドソウゲンライチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューイングランドソウゲンライチョウ
Heath Hen, Boston.jpg
Tympanuchus cupido cupido
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
亜科 : ライチョウ亜科 Tetraoninae
: ソウゲンライチョウ属 Tympanuchus
: ソウゲンライチョウ T. cupido
亜種 : ニューイングランドソウゲンライチョウ
T. cupido cupido
学名
Tympanuchus cupido cupido (Linnaeus, 1758)
英名
Heath Hen

ニューイングランドソウゲンライチョウ (学名:Tympanuchus cupido cupido) は、キジ目キジ科に属するソウゲンライチョウ亜種の一つ。別名ヒースヘン

分布[編集]

アメリカ合衆国東部のニューイングランド地方に生息していたが、すでに絶滅した。

形態[編集]

ソウゲンライチョウにはニューイングランドソウゲンライチョウを含めて三つの亜種があり、北アメリカ東半部の平原地帯に広く分布していた。全長40cm、体重900g程度でソウゲンライチョウの中では小型の部類だった。体に茶色の濃淡の縞模様があり、オスのトサカと首の両側の袋はオレンジ色。

絶滅の経緯[編集]

ヨーロッパ人の入植地近くに大量にいたことから食用として乱獲され、1870年頃までにはマーサズ・ヴィンヤード島一箇所を残して全滅してしまった。しかし、1897年になっても、「ヒースヘンの絶滅はない」と言った学者もいた。その後、島は保護区に指定されたものの、1907年には77羽まで減少、このときになってようやく保護の重要性を認識した人々から募金活動などが起こるようになり、保護運動の甲斐あって1916年には2000羽まで回復した。しかし、その年に島に起きた火事で105羽まで減少した。しかも、この時期がメスの繁殖期に重なったために、巣を離れようとしなかった母鳥の大半が焼け死んでしまい、生き残った個体は大半がオスになってしまう。さらにその冬は異常に寒く、多くのソウゲンライチョウが倒れた。その後なんとか600羽までもち直す。しかし、1932年3月11日に「ブーミング・ベン」と名付けられた最後の1羽のオスが死んでニューイングランドソウゲンライチョウは絶滅した。このことは、一つの個体群を守るときにたとえ2000羽いても十分でないことがあるという重大な教訓を残した[1]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
キジ小目 Phasianida
キジ上科 Phasianoidea

Status[編集]

EXTINCT (IUCN Red List Ver.3.1(2001))

Status iucn3.1 EX.svg

出典[編集]

  1. ^ 今泉忠明 『絶滅野生動物の事典 5版』 東京堂出版、2006年、189-190頁。