ドゥシャン・マカヴェイエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドゥシャン・マカヴェイエフ
Душан Макавејев
Dušan Makavejev
生年月日 1932年10月13日(82歳)
出生地 ベオグラード

ドゥシャン・マカヴェイエフDusan Makavejev, 1932年10月23日 - )はユーゴスラビアベオグラードに生まれた映画監督脚本家。前衛的な作風が特徴で、イデオロギー的であったり、性的タブーに挑戦するかのような作品が多いのと同時に、映像の美しさの評価も高い。

略歴[編集]

ベオグラード大学心理学を専攻するかたわら、短編映画製作活動を行っていた。卒業後、ベオグラード総合芸術アカデミーで演出を専攻し、この時代の1957年の実験的短編映画『アントニイエフの壊れた鏡(Antonijevo razbijeno ogledalo)』にて、注目され、1961年に映画会社アヴァラ・フィルムに入社してプロ活動を始める。1965年『人間は鳥ではない』で劇場長編作品監督デビュー。翌年カンヌ国際映画祭ですぐに評判となる。

1968年の『保護なき純潔』で第18回ベルリン国際映画祭銀熊賞 (審査員グランプリ)を受賞。1970年には第20回ベルリン国際映画祭で審査員を務めた。

1981年の『モンテネグロ』(スウェーデン制作)と1985年の『コカコーラ・キッド』(オーストラリア制作)でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールにノミネートされた。作品を発表する度に世界各国に衝撃を与えているが、評価に比して寡作な映画監督である。

主な作品[編集]

外部リンク[編集]