トースティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トースティング(toasting、祝杯を上げること)または、チャッティング(chatting、おしゃべり)、ディージェイング(DJing、またはdeejaying)、スカンキング(skanking)とは、リズムビートに合わせてしゃべったり語ったりする行為である。歌詞の内容は事前に書いておく事もあれば、即興の場合もある。トースティングの源流は、ドラムのビートに乗せて話すグリオのようなアフリカの伝統にあると考えられており、ダンスホールレゲエレゲエスカダブラヴァーズ・ロックなどのような音楽において使用がなされている。トースティングは米国ヒップホップにおけるラップの発展にも影響を及ぼしたと考えられている。

伝統的なアフリカ系アメリカ人のトースティング[編集]

トースティングは、レコンストラクション時代から続く都市の伝統である。口頭芸術の重要な要素であり、その起源はアフリカのグリオにまでさかのぼる事ができる。アフリカ系アメリカ人の物語は、勝利の為なら規則に縛られずに巧みな知恵を使いこなすトリックスター(それは必ずしも人間とは限らない)のような英雄やその功績を賞賛する傾向にある。

トースターは、街頭の群衆、バー、コミュニティセンター、図書館大学などの現場で、共同体の神話伝説を物語ことによって「オーラル・トラディッション」(口承伝承)を続けている。

一般的に、オーラル・トラッディッショナルやブルースのような他のアフリカ系アメリカ人による芸術と同じく、トースティングは復唱、暗唱、即興などの複数の要素が使用される。

有名なトーストには、細部の異なった様々なバージョンが存在する。歴史的に見ても、家庭向けといえるものもなくはないものの、ほとんどのトーストは男性向けであり、下品な言葉や性的な言葉が含まれている事が多い。知られているトーストはニューオーリンズとルイジアナのChristopher WilkinsonとArthur Pfisterによって行われている『Shine and the Titanic』、『Dolemite』、『Stack O Lee』、『Jo Jo Gun』、『Signifyin' Monkey』等である。

ジャマイカにおけるトースティング[編集]

1960年代の終わりから1970年代初頭にかけて、ジャマイカの音楽界からディージェイ・トースティングと呼ばれる音楽スタイルが生まれた。ダンスパーティーの為の移動式サウンド・システムでプロデューサーのかけた最新のヒット曲に、ディージェイがトーストでボーカルを追加するスタイルである。「トースト」の内容は自慢話、チャント、ハーフソング・リズム、抗議、叫び、そしてリズムに合わせた物語りなどである[1]

ジャマイカの電気技師だったキング・タビーは、ディージェイのトースティングで使用する為のビニール盤を作成した。ボーカルを抜いた音楽にエコーや揺らぎなどの効果を加える等して加工した物で、多くは一回限りの使用のための物だった。これがいわゆるダブ・プレートである。

1960年代終わり頃になると、U・ロイデニス・アルカポーンを含むディージェイたちが、ユーモアを交えたギャングスタ・トークで知られるようになる。1970年代に入ると、I-ロイ(名前の由来はU-ロイのオマージュ)やディリンジャーなどのディージェイがユーモラスなトースティングスタイルで知られるようになる。1970年代後半になると、トリニティーが有名なディージェイとなる。

1980年代になると、初の二人組のトースティング・ディージェイ、Michigan & Smileyや、ジャマイカ外でのトースティングなども見られるようになっていく。英国では、Pato Bantonが自らのカリビアンとしてのルーツをユーモラスかつ政治的なトースティングで探求し[1]2トーンバンド「ザ・ビート」のランキング・ロージャーがスカポップ、そしてパンクなどから影響を受けた2トーンという音楽に合わせてジャマイカ的なトースティングを行っていた。

ジャマイカのディージェイ・トースティングにおけるリズミカルなは、アフリカ系アメリカ人のヒップホップによるラップの発展や[2]、ダンスホール・スタイルの発展に影響を及ぼした[1](例えば、クール・ハークア・トライブ・コールド・クエストのファイフ・ドウグら)。ジャマイカのディージェイ・トースティングは、ダンスミュージックの一形態としてジャングルUKガラージ・アンド・2ステップレゲトン等にも影響を及ぼした。シャバ・ランクスシャギーショーン・ポールリアーナなどのシンガーは、トースティングに影響を受けたボーカルで国際的ヒット記録した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Deejay Toasting” (English). Rhapsody.com. 2006年8月4日閲覧。
  2. ^ BBC Guide to Reggae http://www.bbc.co.uk/music/bluessoulreggae/guides/reggae//.