トルディ (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トルディI
Toldi I tank kub.jpg
性能諸元
全長 4.75 m
全幅 2.14 m
全高 1.872 m
重量 8.5 t
懸架方式 トーションバー
速度 50 km/h
行動距離 200 km
主砲 20mm戦車砲36M×1
副武装 8mm機関銃34/37A×1
装甲 5~13mm
エンジン BussingNAG Type L8V/36TR
155 馬力
乗員 3 名
テンプレートを表示

トルディハンガリー語: Toldi)は、第二次世界大戦中、ハンガリー軍で使用された軽戦車である。スウェーデンのランズベルクL-60軽戦車をもとに、ハンガリー初の国産戦車としてライセンス生産され、1940年から1944年までに各型合わせて約200輌が生産された。トルディは14世紀の民族的英雄の名。

概要[編集]

ドイツ同様、第一次世界大戦の敗戦国として軍備を制限されていたハンガリーだが、1930年代後半に入ると軍備拡張を始め、イタリアからフィアット・アンサルドL3豆戦車143輌を輸入。これに続き、1937年にはドイツからI号戦車A型、スウェーデンからはランズベルク社(Landsverk AB)製L-60軽戦車を入手、テストされた。

その結果、1938年にL-60軽戦車のライセンス生産権を取得、L-60原型に細かな改修を加え、「38Mトルディ I 軽戦車38M Tordi I könnyű harckocsi)」として採用、マーヴァグ社MÁVAG)、ガンズ社GANZ)に対し生産を指示した。生産は1940年に始まり、翌年5月までにトルディI(80輌)、トルディII(110輌)が完成、ハンガリーはこのトルディを装甲部隊の中核として大戦に突入した。

1941年春のバルカン作戦を皮切りに、同年夏のバルバロッサ作戦にハンガリー「快速軍団」下の5個中隊がトルディを装備、南方軍の一翼としてソ連領内深くに侵攻したが、11月までに装備したトルディの8割が大破もしくは行動不能になるなど消耗は激しく、部隊は本国に引き揚げられた。

非力な20mm砲と、最大でも13mmの軽装甲では強力なソ連戦車には対抗できないことは明らかで、回収されたトルディの一部は40mm砲に換装(トルディIIa)、また最初から40mm砲搭載を前提とした新砲塔搭載のトルディIII(43Mトルディ)も開発された。しかしそれでも性能不足は否めず、その後のハンガリー装甲部隊の主力はトゥラーン中戦車や、ドイツからもたらされた38(t)戦車IV号戦車などが担うことになる。

バリエーション[編集]

38M トルディI(トルディA20)
トルディの最初の生産型。80輌が生産された。原型L-60のマドセン20mm対戦車ライフルと7.92mm機銃は、ハンガリーでライセンス生産されていたゾロトゥルン20mmライフル砲と国産8mm機銃に替えられた。
38M トルディII(トルディB20)
トルディIと同じ仕様だが、エンジンがハンガリー国内でライセンス生産されたものになるなど、各コンポーネントをすべて国産品にしたもの。サスペンションのトーションバーも若干強化されていると言われる。110両が生産された。
38M トルディIIa(トルディB40)
実戦参加により威力不足が明らかになったため、トルディI/IIの主砲を51口径40mm42M戦車砲に換装したもの。部隊から回収された既存のトルディI/IIを改修して1943年から44年にかけて80輌が作られた。
43M トルディIII(トルディC40)
当初から40mm砲搭載を前提に改設計された砲塔を持つトルディの改良型。しかし、すでにこのクラスの軽戦車では性能不足が明白だったこと、生産現場ではトゥラーン中戦車の生産に注力していたことが重なり、1944年に12輌が生産された[1]
トルディ救護車(トルディeü20)
1942年のドン戦線で救護用にトルディ軽戦車が使用された経験から、9輌もしくは12輌[2]のトルディI/IIが負傷者搬送型に改修された。砲塔右側のハッチが大型化され、医療機器のために20mm砲弾は184発に減らされた[3]。1944年の6~7月に、ガンズ社は改修車輌を軍に引き渡した[4]
トルディ対戦車自走砲
ドイツのマーダー系列(マルダーIIIIII)の成功に触発され、時代遅れとなったトルディの車体にドイツ製75mm対戦車砲Pak40を搭載した対戦車自走砲。1944年春に試作されたが、量産には移されなかった。

参考文献[編集]

  • 戦車マガジン社『戦車マガジン』1990年6月号: 中嶋俊秀「第2次大戦のハンガリー戦車」
  • Bonhardt Attila, Sarhidai Gyula, Winkler Lazalo "A MAGYAR KIRALYI HONVEDSEG FEGYVERZETE" ZRINYI KIADO(ハンガリー語)
  • Csaba Becze, Magyar Steel, STRATUS, 2006

脚注[編集]

  1. ^ "A MAGYAR KIRALYI HONVEDSEG FEGYVERZETE", p66による。『戦車マガジン』1990年6月号には「1944年までにスペアパーツを使って、3434両が作られた」とある。
  2. ^ 前者は"A MAGYAR KIRALYI HONVEDSEG FEGYVERZETE"、後者は"MAGYAR STEEL"
  3. ^ "A MAGYAR KIRALYI HONVEDSEG FEGYVERZETE", p72。
  4. ^ "A MAGYAR KIRALYI HONVEDSEG FEGYVERZETE", p72。

関連項目[編集]