トニー・タッブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・タッブス
基本情報
本名 トニー・タッブス
通称 TNT
階級 ヘビー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1958年2月15日(56歳)
出身地 オハイオ州シンシナティ
プロボクシング戦績
総試合数 59
勝ち 47
KO勝ち 25
敗け 10
無効試合 2
テンプレートを表示

トニー・タッブスTony Tubbs、男性、1958年2月15日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーオハイオ州シンシナティ出身。元WBA世界ヘビー級王者。

来歴[編集]

アマチュアで240勝13敗の記録を残しプロへ転向。

1980年6月14日、プロデビュー。

1985年4月29日グレグ・ペイジに判定勝ちし、WBA世界ヘビー級王座を獲得するとともに、プロデビューからの連勝を21とした。

1986年1月17日ティム・ウィザスプーンに判定負けし、王座から陥落するとともに、プロ初黒星を喫した。

1988年3月21日東京ドームマイク・タイソンの持つWBA・WBCIBF統一世界ヘビー級タイトルに挑戦するが、2ラウンドKO負け。

1989年11月21日、オーリン・ノリスに判定勝ちするが、薬物検査でコカインが検出。試合結果がノーコンテストへ変更となる[1]

2006年11月4日の試合を最後に引退した。

引退後[編集]

コカイン関連や養育費の滞納で何度か服役[2]

2009年、コカイン所持で有罪判決が下される[2]

脚注[編集]

  1. ^ Tubbs Fails Post-Fight Drug Exam : Boxing: Cocaine use is found, and victory over Orlin Norris last week is likely to be overturned by State Athletic Commission.”. Los Angeles Times (1989年11月30日). 2013年6月8日閲覧。
  2. ^ a b Former boxer Tubbs facing year in prison”. UPI.com (2009年12月10日). 2013年6月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
グレグ・ペイジ
第39代WBA世界ヘビー級王者

1985年4月29日 - 1986年1月17日

次王者
ティム・ウィザスプーン