トウヤクリンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トウヤクリンドウ
Touyaku-rindo.jpg
トウヤクリンドウ(白馬岳・2002年08月撮影)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: リンドウ目 Gentianales
: リンドウ科 Gentianaceae
: リンドウ属 Gentiana
: トウヤクリンドウ G. algida
学名
Gentiana algida Pall.[1]
和名
トウヤクリンドウ (当薬竜胆)

トウヤクリンドウ(当薬竜胆、学名:Gentiana algida)はリンドウ科リンドウ属多年草高山植物

特徴[編集]

高さは10~25 cm。花期は8~9月上旬。茎の先に長さ3~4cmの花を2~3個つける。花は淡い黄色なのが特徴的であり、花弁には緑色の斑点がある。花は日が当たらないと開かない。茎葉は対生し、長さ2~5cmの披針形~長楕円状披針形である。学名の「algida」は「寒冷な」を意味する[2]ドイツ人植物学者ペーター・ジーモン・パラスが1789年に、学名を命名した[1]

和名のトウヤク(当薬)は薬草になるセンブリのこと。トウヤクリンドウも胃薬になることから付けられた。

分布[編集]

アジアから北米にかけて分布し、日本では北海道中部以北の高山帯の砂礫地や草地に生える[2]基準標本シベリア東部などのもの[2]田中澄江が『花の百名山』の著書で槍ヶ岳を代表する花の一つとして紹介した[3]

近縁種[編集]

  • エゾトウヤクリンドウ(蝦夷当薬竜胆  Gentiana algida f. igarashii
別名がクモイリンドウ(雲居竜胆)。北海道の大雪山に分布する。トウヤクリンドウよりも小型で、花は長さ約5 cmと大きい[4]

種の保全状況評価[編集]

日本の環境省レッドリストの指定はない[5]

石川県でレッドリストの絶滅危惧I類、新潟県危急種(絶滅危惧Ⅱ類)、北海道準絶滅危惧の種に指定されている[6]

関連画像[編集]

Gentiana algida 06.jpg Gentiana algida 01.jpg Gentiana algida in Mount Ontake 2010-08-27.jpg

 

常念岳・2007年8月
茎葉が対生し、花弁に緑の斑点
御嶽山・2010年8月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Gentianodes algida (Pall.) (トウヤクリンドウ)” (英語). ITIS. 2011年9月9日閲覧。
  2. ^ a b c 豊国秀夫 『日本の高山植物』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1988年9月、212-213頁。ISBN 4-635-09019-1
  3. ^ 田中澄江 『花の百名山』 文藝春秋、1980年3月、262-265頁。ASIN B000J86YXA。
  4. ^ 林弥栄 『日本の野草』 山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2009年10月、264-265頁。ISBN 9784635090421
  5. ^ 植物絶滅危惧種情報検索(トウヤクリンドウ)”. 生物多様性情報システム. 2011年9月9日閲覧。
  6. ^ 日本のレッドデータ検索システム(トウヤクリンドウ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]