デキムス・ユニウス・ブルトゥス・カッライクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デキムス・ユニウス・ブルトゥス・カッライクスラテン語: Decimus Junius Brutus Callaicus紀元前180年頃 - 紀元前113年頃)は、共和政ローマ元老院議員。

紀元前138年プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・セラピオと共に執政官(コンスル)へ選出。ブルトゥスはルシタニア戦争の首謀者であったウィリアトゥス(en)の死後、政治的に空白地帯となったヒスパニア西部へ兵を進め、現地民の反抗勢力を大いに破る。そしてオリッシポ(現:リスボン)を築いて城砦とし、途上の村落を殲滅しながら北上した。彼の進軍は途中ドウロ川を越え、紀元前137年にはリマ川にまで到達した。ストラボンの記述によればブルトゥスの軍勢はミーニョ川にまで到達したという。この遠征によりローマはリマ川とミーニョ川に挟まれた地域を制圧する事ができた。

本格的な属州となるのは後年アウグストゥスの治世まで待たねばならなかったが、それでもイベリア半島の西部とガリシア地方はローマ軍のもとで治安が安静した。

この業績により元老院はブルトゥスに「カッライクス(=ガッラエキアを制圧した者)」の称号を与えた。

紀元前113年にブルトゥスはプロコンスルとしてガイウス・マリウスとともにルシタニアに派兵、ルシタニア人部族相手に勝利した。

ブルトゥスの同名の息子デキムスは紀元前77年に執政官を務め、同名の孫でアルビヌスと称されたデキムスガイウス・ユリウス・カエサルの部下として活躍し、カエサル暗殺に関与したことで知られている。