ミーニョ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミーニョ川
Minho panoramica.png
河口
延長 310 km
水源の標高 695 m
平均流量 12,486 /s
流域面積 710 km²
水源 ガリシア州メイラ
河口・合流先 大西洋
流域 スペインの旗 スペイン
ポルトガルの旗 ポルトガル
テンプレートを表示
左岸トゥイ(スペイン)、右岸ヴァレンサ(ポルトガル)
ミーニョ川流域図

ミーニョ川ガリシア語表記:Río Miño、スペイン語表記:Río Miño、ポルトガル語表記:Rio Minho)は、スペインガリシア州で最も長い全長350キロメートルのである[1][2]。ラテン語のMiniusを語源とする。流域にはブドウ畑や農地があり、それらの水源となっている。水力発電が行われる。下流ではスペインとポルトガル国境になっている。大西洋へ注ぐ。

流域にある主な自治体はルーゴオウレンセラバデポルトマリンリバダビアメルガーソモンサオントゥイヴァレンサ・ド・ミーニョなどである。

地理[編集]

ミーニョ川の源は、ガリシア・ルーゴ北方50キロメートルにある。この古代ローマ都市の壁の南を流れ、オウレンセの北の谷に達するまで渓谷を南へ向かう。川はポルトマリンからフリエイラまで貯水池として利用されている。オウレンセでシル川を合流し、ポルトガル領のメルガーソ近くの国境に達するまで、南西へ向け流れる。リバダビア近郊のフリエイラには最も大きいダムがある。この地で生産されるワインD.O.リベイロとして有名である。

ガリシア領内を抜けると川は80キロメートルに渡ってポルトガルとの国境の役割をする。谷は潤った緑の農業地帯で、一帯ではトウモロコシジャガイモキャベツ、また牧草が栽培されている。この地域で生産されるワインで知られるのは、白ワイン『ヴィーニョ・ヴェルデ』(Vinho Verde)である。代表的なブドウ品種アルバリーニョen)は、モンサオンとメルガーソで生産される。

メルガソとモンサオンの中世の町を抜け、スペインのトゥイとポルトガルのヴァレンサ・ド・ミーニョの2つの町を隔てる。2つの町は鉄道と道路でつながっている。さらに南西へ流れア・グアルダカミーニャを経て、大西洋に達する。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gran Enciclopedia Gallega, tomo 21, páxina 78, Edición de 1974.
  2. ^ Enciclopedia Galega Universal