プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・セラピオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・セラピオラテン語: Publius Cornelius Scipio Nasica Serapio, 紀元前183年頃 - 紀元前132年)は、共和政ローマの政治家。元老院議員であり、紀元前138年執政官をつとめた。一般にはスキピオ・ナシカ(Scipio Nasica)として知られる。

父はプブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・コルクルム、母はスキピオ・アフリカヌスの娘コルネリア。祖父はプブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカで、ティベリウス・グラックスガイウス・グラックス兄弟は母方の従兄弟に当たる。紀元前111年執政官を務めたプブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ・セラピオは息子で、ローマ内戦ガイウス・ユリウス・カエサルと戦ったクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ピウス・スキピオ・ナシカは曾孫に当たる。

生涯[編集]

スキピオ・ナシカはポエニ戦争後、ローマ社会が疲弊する中でも古来の元老院の権威を保持しようとした保守派に属し、ティベリウス・グラックスの進めたセンプロニウス法案に反対する立場、すなわちティベリウスの政敵の中心人物であった。

また彼は恐らくティベリウスの殺害に関わったか、少なくともティベリウス殺害のきっかけを作った人間として考えられている。ティベリウスが報復のために殺された時に、彼はローマ社会の権威秩序を護るはずの最高神祇官であるにもかかわらず、元老院から偽装のためにアシア属州への視察に出かけ、見殺しにしたという。その際に彼は「ティベリウスは王となろうとしたのだ」と言ったと伝えられる。

ティベリウスが殺された後、暴動を見逃したことから民衆の怒りを買い、自発的に国外退去する。そしてすぐにペルガモンにて没した。

関連項目[編集]