ディック・マークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
基本情報
出生名 Richard H. Marx
別名 Dick Marx
出生 1924年4月12日
死没 1997年8月12日(満73歳没)
職業 ジングル作曲家
活動期間 1950年代 - 1997年
共同作業者 リチャード・マークス

ディック・マークスDick Marx1924年4月12日1997年8月12日)は、アメリカのジャズ・ピアニスト、アレンジャー。映画音楽やテレビ音楽、コマーシャルソングも手がけた。妻ルース・マークスとの間に、息子でシンガー・ソングライターリチャード・マークスがいる[1] 。前妻との間にも二人の姉妹(ナンシー、ジュディ)と息子(ジム)を儲けている[2]

経歴[編集]

幼少よりピアノを演奏し、シカゴナイト・クラブでの演奏からプロとしてのキャリアスタートさせた。1950年代ヘレン・メリルと組み、自分名義のアルバムを数枚リリースしている。1960年代にはやケネル・レーションやダブルミント、ケロッグレーズンブラン、ダイアルソープ、ネスレクランチ、アームアンドハンマーなどの有名ブランドの広告用ジングルを制作した。1968年、シカゴ・ブラックホークスの応援歌、「ヒア・カム・ザ・ホークス」を作曲。この応援歌は現在も使われており、ブラックホークスファンに定着している。

1975年にシカゴの放送局「WBBM-TV」のニュース番組に、古いフォークソング「アイ・ラブ・シカゴ、シカゴ・マイ・ホーム」を基に作曲したテーマソングを提供した。テーマソングは「WBBM-TV」が高視聴率をマークしていた1970年代から1980年代前半にかけて人気を博し、他のCBS傘下の放送局も早速このテーマソングを使うようになった。

1986年にロサンゼルスに住まいを移し、映画『プリティ・リーグ』や『エドワーズ・アンド・ハント』、テレビ番組「ファッジ」などの音楽を手がけた。そのほかジョー・コッカーYOSHIKI、息子のリチャード・マークスなどのポップス・ミュージシャンのアレンジも手がけていた。

1997年のラスベガス自動車事故に遭い負傷。イリノイ州ハイランドパークで程なく亡くなった。

ディスコグラフィ[編集]

  • トゥー・マッチ・ピアノ Too Much Piano (Brunswick Records, 1955)
  • ディック・マークス・ピアノ Dick Marx Piano (Coral Records, 1957)
  • マークス・メイクス・ブロードウェイ Marx Makes Broadway (VSOP, 1957)
  • デリケート・サヴェージリー Delicate Savagery (Coral, 1958)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ruth Guildoo Marx Royalties”. 2009年4月5日閲覧。
  2. ^ Dick Marx's Death Notice”. 2009年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]