テュートニック (客船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Teutonic.png
艦歴
船名: SS テュートニック
船名の由来: テウトネス族 (ドイツ人)
所有: White Star flaga.svg ホワイト・スター・ライン
運用: ホワイト・スター・ライン
船籍: リバプール, イギリスの旗 グレートブリテン及びアイルランド連合王国
建造: ベルファストハーランド・アンド・ウルフ
進水: 1889年1月19日
竣工: 1889年7月25日
処女航海: 1889年8月7日
その後: 1921年にエムデンで解体
現状: 解体済
仕様諸元
分類 テュートニックオーシャン・ライナー
総トン数 9,984 グロストン
全長: 582 feet (177.7 m)
全幅: 57.7 feet (17.6 m)
機関: 2基の3段膨張式複式蒸気機関で2基のスクリューを駆動
速力: 20.5 ノット (38.0 km/h)
積載量: 乗客1,490人
リバプールを出港するSS テュートニック

テュートニックSS Teutonic)は、ホワイト・スター・ラインが所有していた客船。初めて武装商船として使用された。

概要[編集]

1880年、大西洋横断最速記録であるブルーリボン賞を巡って激しい競争が繰り広げられていた。海運企業であったホワイト・スター・ラインは造船業ハーランド・アンド・ウルフに平均速力20ノット(37km/h)が出せる船舶を造るよう依頼し、1887年にテュートニックと姉妹船マジェスティックの建造が始まった。テュートニックはホワイト・スター・ラインが所有する船舶で初めて帆を除いた客船として1889年1月19日に進水した。同年7月25日に完成し、8月1日スピッドヘッドで開催された観艦式に参加した。

テュートニックは最初武装商船として4.7インチ砲8門を装備された。これは観艦式の後取り外され、通常の客船として8月7日ニューヨークへ向けて処女航海を行った。これには客船バルチックに代わって運航されるという側面もあった。1891年、姉妹船マジェスティックブルーリボン賞を受賞したが、2週間後にテュートニックが20.25ノット(37.50km/h)を記録しブルーリボン賞を受賞した。テュートニックの出した最高速力は20.5ノット(37.50km/h)であったが、後に客船シティ・オブ・パリブルーリボン賞を奪われ、その後ホワイト・スター・ラインの船舶がブルーリボン賞を受賞することは2度となかった。

1897年、テュートニックはヴィクトリア女王の60歳の誕生日の記念式典に参加した。その後、1898年ニューヨーク港にてユナイテッド・ステーツ・ラインの客船ベルリンと衝突したが、それほど多大な損傷はなかった。

ボーア戦争の勃発によりテュートニックは1900年まで軍事輸送船として徴用されていた。客船として復帰した1901年、テュートニックは津波に遭遇し、見張りの乗務員2名が投げ出されたが、生還した。また、津波に襲われたのが夜中であったため、乗客への被害はほとんどなかった。

1911年、テュートニックはドミニオン・ラインへ移籍し、カナダ付近で運航された。1913年、テュートニックは老朽化によって乗客が減少していたため、客室が2等客と3等客に限定された。1914年第一次世界大戦の勃発により再び軍に徴用され、6インチ砲を装備したテュートニックは船団の護衛や輸送船として使用された。

1921年、テュートニックはエムデンにてスクラップにされた。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、テュートニック (客船)に関するカテゴリがあります。

記録
先代:
マジェスティック
ブルーリボン賞 (船舶)(西回り航路)保持船舶
1891年~1892年
次代:
シティ・オブ・パリ