テウトネス族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テウトネス族ラテン語Teutones)とは、古代ヨーロッパに存在した部族の名称である。古代ギリシアおよび古代ローマの2人の地理学者であるストラボンウェッレイウス・パテルクルスはテウトネス族がキンブリ族と近い関係にあったとし、民族的にはゲルマニア系またはガリア系であったとしている。テュートン族(Teutons)とも呼ばれる。

クラウディオス・プトレマイオスの地図によると、テウトネス族はユトランド半島が原住地とあり、ポンポニウス・メラen)はスカンディナヴィアに居住していたとする。いずれにせよ、現在のデンマーク北部がテウトネス族の領域であったことで一致している。

紀元前113年頃からテウトネス族はキンブリ族と共に大挙して、ダヌビウス川(現:ドナウ川)の谷を南と西側より渡った。テウトネス族らはやがて、ローマの領域へと侵入、ガリアを通過して、イタリア本土を攻撃するに至った。テウトネス族は幾つかの戦闘で勝利を収めたが、紀元前102年にローマの執政官ガイウス・マリウスが率いるローマ軍とのアクアエ・セクスティアエの戦いで大敗を喫し、テウトネス族の王テウトボド(en)はローマへと連行された。

関連項目[編集]