ティムール・ベクマンベトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティムール・ベクマンベトフ
Темір Нұрыахытұлы Бекмамбет
Темір Нұрыахытұлы Бекмамбет
2009年
生年月日 1961年5月25日(52歳)
出生地 アティラウ
国籍 カザフスタンの旗 カザフスタン

ティムール・ベクマンベトフ(英語: Timur Nuruakhitovich Bekmambetov; カザフ語: Темір Нұрыахытұлы Бекмамбет;ロシア語: Тиму́р Нуруахи́тович Бекмамбе́тов, 1961年5月25日 - )はカザフスタン出身の映画監督。

経歴[編集]

カザフスタンのアティラウ生まれ。父親はエネルギー会社勤務、母親はジャーナリスト[1]タシュケントで舞台や映画を学ぶ。軍に入った後、セット・デザイナーとしてそのキャリアをスタートさせる。1989年からCMの監督となり、その後、ロシア銀行を含めて何百本ものCMを手掛けて国際的にも高い評価を得る。

1994年に第一作目となる映画『エスケープ・フロム・アフガン』を監督。2004年のダーク・ファンタジー『ナイト・ウォッチ』がロシア国内で大ヒット、続編の『デイ・ウォッチ』も監督する。

2008年にハリウッド・デビュー作となるアンジェリーナ・ジョリー主演の『ウォンテッド』をヒットさせる。

2009年にはティム・バートンと共に2人が惚れ込んだ新進気鋭の監督シェーン・アッカーが手掛ける3Dアニメーション映画『9 〜9番目の奇妙な人形〜』をプロデュースした。

フィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]