チュニジア侵攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チュニジア侵攻1881年第三共和政下のフランスオスマン帝国領のチュニジアに侵攻した武力衝突事件。

19世紀地中海沿岸の勢力図は、オスマン帝国が弱体化しつつある中、フランスが勢力を伸ばす状況にあった。1871年にはチュニジアの隣国のアルジェリアを支配下に収めており、その延長として行われた軍事行動である。チュニジア侵攻は終始、フランス側のペースで進み、1956年まで続く植民地体制が決定づけられた。

概要[編集]

  • 1873年 チュニジア太守にハイル・アッディーン宰相の就任。彼のもとで強力に近代化政策が推進し、列強とは均衡外交を展開し、独立維持を図ることになる。
  • 1877年 保守派がクーデターを起こしハイル・アッディーンは失脚。これをうけて、列強はフランス、イタリアにチュニジアの自由権の承認する。その後イタリアが譲歩。
  • 1881年フランス軍、チュニジアに侵攻を決定。同年5月12日、チュニジアの財政、外交権をフランスに譲渡する「バルドー条約」が締結される。チュニジア国内では激しい反フランス運動が起きるがフランスはこれを鎮圧。
  • 1883年6月、「マルサ協定」締結。チュニジアはフランスの保護国になる。

関連項目[編集]