チェロ交響曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェロ交響曲英語Cello Symphony)作品68は、ベンジャミン・ブリテンが作曲したチェロ協奏曲。正式な題名は『チェロと管弦楽のための交響曲』(Symphony for Cello and Orchestra)。ムスティスラフ・ロストロポーヴィチに献呈され、その独奏とモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団との共演によって1964年3月12日に世界初演が行われた。実質的にはチェロ協奏曲に他ならないが、「交響曲」の名称は、伝統的な協奏曲の定石に比べて、独奏楽器とオーケストラが互角に渡りあうことにちなんでいる。また以下のように、3楽章制でなく4楽章制を採るところも交響曲風だが、最後の2楽章はチェロカデンツァによって結合されている。

  1. Allegro maestoso
  2. Presto inquieto
  3. Adagio - cadenza ad lib.
  4. パッサカリアAndante allegro

備考[編集]