タイ・ホンダFC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイ・ホンダFC
愛称 Eagle
創設年 1995年
所属リーグ タイ・ディヴィジョン1リーグ
ホームタウン バンコク
ホームスタジアム 72周年記念スタジアム[1]
収容人数 8,500[1]
監督 日本の旗 滝雅美
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

タイ・ホンダ・ラートクラバン・フットボールクラブタイ語: ไทยฮอนด้า ลาดกระบัง เอฟซี, 英語: Thai Honda Ladkrabang Football Club)は、タイ王国バンコクをホームタウンとするサッカークラブ。本田技研工業がスポンサーに付いている。

歴史[編集]

1971年(仏滅紀元2514年)、タイ・ホンダFCは従業員のサッカーチームとして誕生した。1995年(2538年)、公式にタイ・ホンダFCが創設された。[2]

2002年、当時5部のNgor Royal Cup(タイ語: ถ้วย พระราชทาน ง)で2位になった。2003年に同4部のKhor Royal Cup(タイ語: ถ้วย พระราชทาน ค)、2004年に同3部のKhǒr Royal Cup(タイ語: ถ้วย พระราชทาน ข)で優勝した。

2005年、タイ・ディヴィジョン1リーグで2位になり、クラブ初のタイ・プレミアリーグ昇格を果たした。

2008年、ディヴィジョン1リーグで降格圏の13位に終わったが、プレミアリーグからディヴィジョン1リーグへ降格が決まったバンコク・バンクFCが撤退したため、降格圏の4チームによる残留プレーオフが実施された。タイ・ホンダは優勝し、ディヴィジョン1リーグ残留を決めた。また、リージョナルリーグ・ディヴィジョン2からディヴィジョン1リーグへ昇格が決まっていたアーミー・ウエルフェアー・デパートメントFCも撤退したため、プレーオフ準優勝のナコーンサワンFCも残留が決まった。

2010年、エンブレムはウイングマークが取り入れられた鷲のデザインに変更された。ウイングマークはHondaブランドのオートバイで採用されている。[2]

2012年、リージョナルリーグ・ディヴィジョン2のバンコク地域リーグで優勝した。しかし、チャンピオンズリーグではグループBの5位に終わり、ディヴィジョン1リーグ昇格を逃した。

2014年、バンコク地域リーグで2回目の優勝を果たした。チャンピオンズリーグのグループBでも優勝し、4シーズンぶりのディヴィジョン1リーグ復帰を決めた。優勝決定戦ではグループA優勝のプラチュワップFCに2戦合計1-1(アウェーゴール)で敗れた[3]

タイトル[編集]

出典[2]

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン 順位 FAカップ
2002 Ngor Royal Cup 2位
2003 Khor Royal Cup 1位
2004 Khǒr Royal Cup 1位
2004-05 ディヴィジョン1 2位
2006 プレミア 11位
2007 プレミア 14位
2008 ディヴィジョン1 13位
2009 ディヴィジョン1 11位 2回戦
2010 ディヴィジョン1 8位 2回戦
2011 ディヴィジョン1 18位 棄権
シーズン ディビジョン 順位 FAカップ
2012 ディヴィジョン2 バンコク 1位 2回戦
2013 ディヴィジョン2 バンコク 5位 2回戦
2014 ディヴィジョン2 バンコク 1位 3回戦
2015 ディヴィジョン1

出典[2]

歴代所属選手[編集]

歴代監督[編集]

提携クラブ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Thai Honda Ladkrabang”. Thai Premier League. 2015年2月23日閲覧。(タイ語)
  2. ^ a b c d History”. THAIHONDA FC. 2015年2月23日閲覧。(タイ語)
  3. ^ ประจวบเฮอเวย์โกล!บุกเจ๊าฮอนด้า1-1ซิวแชมป์ชปล.”. siamsport (2014年12月28日). 2015年2月22日閲覧。(タイ語)
[ヘルプ]

外部リンク[編集]