セオドア・ドライサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セオドア・ドライサー

セオドア・ハーマン・アルバート・ドライサー(Theodore Herman Albert Dreiser, 1871年8月27日 - 1945年12月28日)は、アメリカ合衆国の作家。

インディアナ州テレホートで、ドイツ系移民(ローマ・カトリック)の父とチェコ系移民(メノー派)の母との間に生まれる。父親の事業が失敗したせいで一家は貧しかった。

16歳で家を飛び出したドライサーは、様々な職業を経て新聞記者となり、セントルイスピッツバーグニューヨークなど各地を転々とする一方で、ホーソーンポーバルザックハーバート・スペンサージョン・ティンダルトマス・ハックスリーフロイトなどの著作を耽読する。幅広い社会を経験すると同時に、現実社会を科学的に把握する方法論を学んだ。

1900年、中西部の田舎からシカゴに出てきた貧しい娘がニューヨークで女優として成功するまでを描いた『シスター・キャリー』で作家デビューを果たす。女主人公のアモラルな人物造型が物議を醸し、初版はほとんど売れなかった。

1925年、代表作『アメリカの悲劇』を発表する。貧しい青年が出世のために恋人を殺害し、死刑になるまでを描いたこの作品は、アメリカ自然主義文学の傑作とされ、1998年にランダム・ハウス、モダン・ライブラリー編集部が選出した「英語で書かれた20世紀のベスト小説100」では16位に選ばれるなど、英米での評価が高い(ちなみに『シスター・キャリー』は33位)。

長い間、正当な評価を受けることが少なかったが、生誕100周年を迎えた1970年代以降に再評価が進み、現在ではマーク・トウェインらと並ぶアメリカ文学の父として、不動の地位を築いている。

主要作品[編集]

  • 『シスター・キャリー』(Sister Carrie, 1900年)
  • 『ジェニー・ゲルハート』(Jennie Gerhardt, 1911年)
  • 『大都会の色彩』(The Colour of a Great City, 1923年)
  • 『アメリカの悲劇』(An American Tragedy, 1925年)
  • 『夜明け』(Dawn, 1931年)
  • 『とりで』(The Bulwark, 1946年)
  • 『私刑』木村毅訳、1937  
  • 『田舎医者・自由』杉木喬,滝川元男訳 英宝社 1957
  • 『亡き妻フィービ・アルバーティン』斎藤光,木内信敬訳 南雲堂 1960
  • 『ルーシア』橋本福夫訳 『アーニータ』井上謙治訳 世界文学全集 講談社、1979 
  • 『ドライサー短編集・人と作品』日高正好訳 EM外語研究所 1983
  • 『ドレイサアの見たソヴイエト・ロシア』下山鎌吉訳 文明協会 1929

外部リンク[編集]