ジョン・ティンダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ティンダル
John Tyndall
人物情報
生誕 1820年8月2日
レイジリンブリッジカーロウ州アイルランド
死没 1893年12月4日
ハスルミアサリー州イングランド
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身校 マールブルク大学
学問
研究分野 物理学
研究機関 英国王立研究所
主な業績
チンダル現象の発見、地球の大気における赤外線放射及び吸収(温室効果)の研究、反磁性体の研究、物理学の教育法
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジョン・ティンダル(John Tyndall、1820年8月2日 - 1893年12月4日)は、アイルランド出身の物理学者、登山家である。

物理学者として一般に知られる業績としては、チンダル現象を発見したことである。その他にも、赤外線放射(温室効果)、反磁性体、に関して突出した業績を残した。

登山家としてはアルプス山脈5番目の最高峰ヴァイスホルンの初登頂に成功した(1861年8月19日)。また、マッターホルンの初登頂を競い、1862年に山頂から標高230m下の肩にまで達した(エドワード・ウィンパー1865年に初登頂した)。1868年にはマッターホルンの初縦走に成功している。なお、登山の元々の目的は物理学者としてアルプスの氷河を研究することであった。

関連項目[編集]