スリー・トゥ・ザ・パワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリー・トゥ・ザ・パワー
3(スリー)スタジオ・アルバム
リリース 1988年
録音 1988年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 38:03
レーベル ゲフィン
プロデュース カール・パーマー/ロバート・ベリー
テンプレートを表示

スリー・トゥ・ザ・パワー (3...to the power of three) は、3(スリー)アルバム(原題は、ジャケットに大きく「3」と書いてあり、右端に「...TO THE POWER OF THREE」と書いてある)。メンバーはキース・エマーソンカール・パーマーロバート・ベリーの3人。

収録曲[編集]

基本の曲
  1. トーキング・アバウト
  2. ラヴァー・トゥ・ラヴァー
  3. チェインズ
  4. デスデ・ラ・ヴィダ
    1. ラ・ヴィスタ
    2. フロンテラ
    3. サングレ・デ・トロ
  5. 霧の8マイル
  6. ランナウェイ
  7. ユー・ドゥ・オア・ユー・ドント
  8. オン・マイ・ウェイ・ホーム

内容[編集]

ロバート・ベリーが作った曲が半数を占めているが、それらはメロディ重視のポップ・ロックが基本で、そこにキース・エマーソン流のシンセサイザーを主体としたアレンジがなされている。キース・エマーソンが作曲した作品もあるが、ELPらしいアクロバット感覚の速弾き演奏やモーグ・シンセサイザー独特のサウンドは無く、映画音楽に用いていた曲想が大半を占めている。

評価[編集]

アメリカでは最高97位。メンバーの知名度を考慮すると商業的には失敗だった。このメンバーと方向性では「商売」にはならないという解答が出され、バンドはツアー後に解散した。音楽的にも、特に評価されたという形跡は見当たらない。