スラブ娘の別れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スラブ娘の別れ」(ロシア語: Прощание славянки)は、第一次世界大戦前夜の1912年に、ワシリー・アガプキンにより作曲された帝政ロシア行進曲愛国歌である。

概要[編集]

第一次世界大戦時のロシア帝国軍兵士たちにこの曲は広く好まれ、歌われてきた歴史を持つ。

また、ロシア内戦時の反革命派である白軍の非公式の軍歌として使用されていた。しかし、時代はソビエト連邦時代であるにも関わらず、第二次世界大戦期にも1941年の軍事パレードで演奏された。1985年5月9日戦勝記念日でも、歩兵のパレードが終わり戦車などの兵器が行進している時にも演奏されている。

ロシア連邦成立後、とりわけウラジーミル・プーチン政権発足後は、毎年5月9日戦勝記念日赤の広場で行われている軍事パレードで演奏(こちらは歩兵の行進の始まりの時に演奏されることが多い)されている。

シベリア鉄道の始発駅である極東のウラジオストク駅からヨーロッパロシアの首都モスクワ行き特急ロシア号が発車する際に演奏されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]