スノーグローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スノーグローブ英語: Snow globe)とは、形やドーム形の透明容器の中をグリセリンなどの透明な液体で満たし、人形・建物などのミニチュアと、に見立てたもの等を入れ、動かすことで雪が降っている風景をつくる物である。

日本ではスノードームとも呼ばれ、土産品や玩具として売られている。容器はガラス製のものが多いが、自作してオリジナルのスノーグローブを楽しむ人達もいる。販売時期としては、クリスマスシーズンに良く売れる。小型の物が主流だが、様々な大きさのものがある。土台にオルゴールを仕込んでありボール部がオルゴールのねじ回しになっており、オルゴールを鳴らす事で回転する仕掛けになっている物もある。

歴史[編集]

スノーグローブの始まりは定かでないが、一説には19世紀前半のヨーロッパペーパーウェイトとして使われたのが始まりとされる。

その後1889年に開催されたパリ万国博覧会で、エッフェル塔をモチーフにしたスノーグローブを販売したところ話題になり、世界中に広まった。

1941年アメリカ映画市民ケーン』の一場面で、スノーグローブが印象的に使われた事もあって一般的にも認知された。

現在では世界中にコレクターがおり、コレクターズ・アイテムの一つになっている。

外部リンク[編集]