スターオブコジーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スターオブコジーン
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1988年4月5日
死没 (現役種牡馬)
Cozzene
Star Gem
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
調教師 ウェイン・ルーカス
競走成績
生涯成績 38戦14勝
テンプレートを表示

スターオブコジーンStar of Cozzene1988年 - )はアメリカ競走馬である。

戦績[編集]

1990年ハリウッドパーク競馬場のメイドン(未勝利戦)でデビューし、翌年のサンタアニタ競馬場でデビュー4戦目初勝利を挙げる。 その後、チョイスハンデキャップで初重賞制覇を果たした。その後ケルソハンデキャップで重賞2勝目を挙げた後、チャーチルダウンズ競馬場ブリーダーズカップ・マイルでG1初挑戦で3着と健闘した。1992年は、8戦して2勝も重賞は未勝利に終わった。 1993年初戦のサンガブリエルハンデキャップで約1年振りで重賞勝利を挙げると8戦続けて重賞で連対をはたし、頭角を現し、夏のアーリントンミリオンステークスで遂にG1初制覇を果たすと、続くマンノウォーステークスも連勝した。その後、東京競馬場ジャパンカップに遠征し、レガシーワールドの5着に敗れた。 1994年4戦して未勝利におわり、連覇をねらったアーリントンミリオンステークスで12着と大敗し、この競走を最後に引退した。

種牡馬として[編集]

引退後は種牡馬として日本のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで繋養された。当初はまずまずの人気だったが、初年度産駒が2重賞を制覇した後の2000年の種付けでは100頭以上を集め、再注目される。その後もときおり重賞勝ち馬を出しつつ毎年2ケタの繁殖牝馬を確保していたが、種付け頭数は漸減を続け、2009年はひとケタにまで落ち込む。2009年からはレックススタッド、2010年の種付けシーズン後は熊本県の本田牧場で繋養されている。

産駒の傾向[編集]

産駒は若干小粒な印象があるものの勝ち上がり率は高い。芝向きでダートは無難にこなす程度。早熟のマイラーが多く、2000m以上のレースではスタミナの面で若干見劣りする面がある。前述の通り優秀な勝ち上がり率を記録しており、毎年集まる繁殖牝馬の質を考慮すれば優れた成績を収めている。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

スターオブコジーン血統グレイソヴリン系 / Princequillo4×5=9.38%、Mahmoud4×5=9.38%(母内)、Nasrullah5×4=9.38%、Count Fleet5×5=6.25%)

Cozzene
1980 芦毛
Caro
1967 芦毛
*フォルティノ Grey Sovereign
Ranavalo
Chambord Chamossaire
Life Hill
Ride the Trails
1971 鹿毛
Prince John Princequillo
Not Afraid
Wildwook Sir Gaylord
Blue Canoe

Star Gem
1978 鹿毛
Pia Star
1961 鹿毛
Olympia Heliopolis
Miss Dolphin
Inquisitive Mahmoud
Swistar
Soonerland
1972 鹿毛
Fleet Nasrullah Nasrullah
Happy Go Fleet
Hill Indian Hill Prince
Indian Nurse F-No.1-n

外部リンク[編集]