スタイル・カウンシル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタイル・カウンシル
The Style Council
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ロック
ポップス
ジャズ
ソウル
ファンク
活動期間 1983年 - 1990年
レーベル ポリドール
ゲフィン
旧メンバー
ポール・ウェラー(vo, g)
ミック・タルボット(key)
D.C.リー(cho)
スティーヴ・ホワイト(dr)

スタイル・カウンシル(The Style Council)(略称TSC)とは、イギリスポップス/ソウルユニット。1983年結成、1990年解消。メンバーは流動的であったが、基本的にはリーダーであるポール・ウェラー(Paul Weller/メインボーカル、ギター)、ミック・タルボット(Mick Talbot/オルガン、シンセサイザー)を基本メンバーとし、加えてD.C.リー(D.C.Lee/コーラス、サイドボーカル)、スティーヴ・ホワイト(Steve White、ドラム)の4人で構成されることが多かった。4枚(未発表のものを含めれば5枚)のオリジナルアルバムを発表した。[1]

足跡[編集]

ユニットの結成[編集]

イギリスのパンクバンド、ザ・ジャム(The Jam)のリーダーとして1977年にデビューしたポール・ウェラーは、1982年にジャムを解散し、ミック・タルボットと共にスタイル・カウンシル(The Style Council)を結成。1983年にシングル「スピーク・ライク・ア・チャイルド(Speak Like A Child)」を発表。[2]

躍進[編集]

1984年、ファーストアルバム『カフェ・ブリュ(Cafe Bleu)』を発表する。ジャズやソウルなど、様々な音楽がミックスされた洗練されたポップスは高評価を得ることになった。翌年、2ndアルバム『アワ・フェイバリット・ショップ(Our Favourite Shop)』が発表されると全英アルバム・チャート1位[3]を獲得し、スタイル・カウンシルの評価はさらに高まった。

衰退[編集]

1987年にリリースした3rdアルバム『コスト・オブ・ラヴィング(The Cost Of Loving)』は、全英アルバムチャート(Music Week)2位[4]のヒットを記録した。続く1988年の4thアルバム『コンフェッションズ・オブ・ア・ポップ・グループ(Confessions Of A Pop Group、ポップ・グループの告白)』では評論家に酷評された。[5]

ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

企画盤[編集]

ベストアルバム(日本発売盤)[編集]

  • THE BEST 1200 スタイル・カウンシル
  • ベスト・オブ・ザ・スタイル・カウンシル
  • ザ・スタイル・カウンシル・グレイテスト・ヒッツ
  • カフェ・ブルー Cafe Blue "The Style Council Cafe Best"
  • コレクション The Style Council Collection
  • ヘッドスタート・フォー・ハピネス Headstart For Happiness-The Style Council Collection
  • ザ・サウンド・オブ・ザ・スタイル・カウンシル The Sound of The Style Council

映像作品[編集]

  • ライブ・イン・ロンドン'85 (LD)
  • スタイル・カウンシル・ライブ・イン (LD)
  • アワ・フェイバリット・ソングス (LD)
  • エルサレム (LD)
  • スタイル・カウンシル・ライブ・アット・フルハウス(LD)
  • ザ・スタイル・カウンシル・オン・フィルム (DVD)
  • グレイテスト・ビデオ・ヒッツ(DVD)
  • ザ・スタイル・カウンシル~ユニバーサル・マスターズ・DVDコレクション (DVD)

外部リンク[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ [1]ユニバーサル ミュージック「Artist - Style Council」
  2. ^ [2]All Music Style Council
  3. ^ [3]Music Week Style Council - Our Favourite Shop
  4. ^ [4]Music Week Style Council - The Cost Of Loving
  5. ^ [5]All Music Review Style Council - Confessions of a Pop Group