スザンナ・ホフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スザンナ・ホフスSusanna Hoffs, 1959年1月17日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の女性歌手バングルスのメンバーとして有名。

略歴[編集]

スザンナ・ホフス(2008年)

父親は医師、母親は映画監督という経済的にも文化的にも恵まれたユダヤ教徒の家庭で育ち、幼少の頃からビートルズなどの音楽に親しみ、ギターを覚える。名門カリフォルニア大学バークレー校を卒業後にバングルスのメンバーとなるヴィッキー・ピーターソンデビー・ピーターソン姉妹と出会いバンドを結成。メンバー交代の末、最終的に元ランナウェイズのマイケル・スティール(Michael Steele)が加わり1984年、アルバム『気分はモノクローム』でメジャーデビュー。

アルバムはヒットセールスまでには至らなかった。しかし、セカンドアルバム『シルバー・スクリーンの妖精』からシングルカットされた「マニック・マンデー」が全米2位の大ヒットになり、一躍有名に。この曲はプリンスが別名義で書き下ろした作品で、スザンナの事を非常に気に入った彼が申し出たと言われている。また、このセカンドからシングルカットされた「エジプシャン」が全米1位に輝く。女性のみのバンドとしてのシングル第1位は史上初の快挙。(アルバムは1981年にゴーゴーズが獲得している。)

1987年、母親のテイマー・サイモン・ホフスが監督、脚本を手掛けた映画『恋はオールナイトで(The Allnighter)』に主演したが、興行的には失敗した。

1988年にバングルスはサードアルバム『エブリシング』を発表するが、1989年に解散。その後スザンナはソロ活動に転向。1991年にソロアルバム『ボーイの誘惑』、1996年には『スザンナ・ホフス』を発表するが、ヒットには至らなかった。

親友のベリンダ・カーライル のアルバムに曲を提供したり、バックコーラスとしても参加している。

その後、映画『オースティン・パワーズ:デラックス』のサントラ盤のレコーディングがきっかけでバングルスは再結成を発表し、2003年にアルバム『ドール・レヴォリューション』をリリースした。

1993年に映画監督のジェイ・ローチと結婚し、2人息子がいる。最近はローチ監督の映画『オースティン・パワーズ』のサントラ盤に参加したり、マシュー・スウィートとカヴァーアルバムなどを発表しており、現在も精力的に音楽活動を続けている。

アルバム[編集]

  • ボーイの誘惑 - When You're A Boy (1991)
  • スザンナ・ホフス - Susanna Hoffs (1996)
  • Under the Covers, Vol. 1 (2006) with マシュー・スウィート 60'sカヴァー集
  • Under the Covers, Vol. 2 (2009) with マシュー・スウィート 70'sカヴァー集
  • Someday (2012)

関連項目[編集]