ゴーゴーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴーゴーズ(2008年)
ゴーゴーズ(2012年)

ゴーゴーズ(The Go-Go's)はアメリカのバンド。ガールズバンドとして1980年代前半に人気を博した。

経歴[編集]

ジェーン・ウィードリンベリンダ・カーライルによって1978年に結成される。すぐに音楽通であったシャーロット・キャフィーが参加を表明し、マーゴット・オラヴェッラエリサ・ベッロも加わり5人でスタート。ベッロは直ぐに脱退し、ジーナ・ショックが加入。この時期はパンクニュー・ウェイヴのバンドとして、マッドネスのサポートを受けてイギリスロサンゼルスで活動していた。1980年にマーゴットが脱退し、キャシー・バレンタインが加入。

1981年マイルズ・コープランドが設立したレーベルI.R.S.と契約し、デビューアルバム「Beauty and the Beat」を発表。当初は女性だけのバンドとして中々受け入れられなかったが、徐々に人気を集め、最終的に女性だけのバンドとしては初の全米ナンバーワンアルバムとなり6週連続を記録した。翌1982年の「Vacation」、1984年には「Talk Show」といずれもヒットを記録するが、バンドは1985年に解散。

解散の説は多数あり、メンバー同士の確執、人気を維持する為のストレスからメンバーが飲酒、ドラッグなどで問題を起こしたことなどがある。解散を表明する前にいち早くジェーンが脱退、ソロデビューしている。

解散後も何度か定期的に再結成をしており、テレビ出演、コンサートなど活動は意欲的で、2001年にはオリジナルアルバムも発表している。

一番の出世頭はベリンダで、デビューアルバムからトップ10ヒットを放ち、セカンドアルバムからシングルカットされた「Heaven Is A Place On Earth」は世界中で1位を獲得した。他のメンバーも別バンド名義やソロとしてアルバムを発表しているが、チャートを賑わすまでには至らなかった。

ジェーンは1988年に「Rush Hour」で唯一ヒットシングルを出している。

構成メンバー[編集]

  • ジェーン・ウィードリン(リズム・ギター)
  • ベリンダ・カーライル(ボーカル)
  • シャーロット・キャフィー(ギター・キーボード)
  • ジーナ・ショック(ドラム)
  • キャシー・バレンタイン(ベース)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Beauty and the Beat (1981)
  • Vacation (1982)
  • Talk Show (1984)
  • Greatest (1990)
  • Return to the Valley of the Go-Go's (1994)
  • VH-1 Behind the Music: Go-Go's Collection (2000)
  • God Bless the Go-Go's (2001)

外部リンク[編集]