ジョージ・フェーエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・フェーエル(George Feher、1924年 - )は、アメリカ合衆国生物物理学者で、カリフォルニア大学サンディエゴ校の教授である[1]

教育[編集]

フェーエルは1924年にチェコスロバキアブラチスラヴァで生まれた。カリフォルニア大学バークレー校で学士号、修士号、博士号を取得した。

キャリア[編集]

博士課程を終えると、彼はベル研究所コロンビア大学で物理学者として働いた。1960年、カリフォルニア大学サンディエゴ校の教授となり、以来ここで働いている。

研究[編集]

彼の主な研究テーマは、植物微生物光合成により光を化学エネルギーに変換している機構を明らかにすることである。彼は分光学的なツールを開発し、その生化学生物物理学への応用法を考案した。

ウルフ賞[編集]

2006年、ワイツマン科学研究所エイダ・ヨナスとともに「リボソームペプチド結合形成機構及び光合成の光駆動過程の発見」によってウルフ賞化学部門を受賞した[2]

出典[編集]

外部リンク[編集]