ヘンリー・アイリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘンリー・アイリングHenry Eyring, 1901年2月20日 - 1981年12月26日)はアメリカの理論化学者。特に量子化学を応用した遷移状態理論と反応速度論に関する研究、また著書の「絶対反応速度論」が有名である。また、複雑な化学反応の基本となる素反応の理論的な解明に貢献した人物でもある。

経歴[編集]

末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン教の最大派)の信者の家に生まれ、メキシコチワワ州北部のコロニア・フアレスの牧場で育った。1912年に(約4200人の移民とともに)[要出典]メキシコ革命で追放され、テキサス州エル・パソに移った。数年後、アリゾナ州ピマに移り、そこの高校で数学科学に才能を示した。1919年には州の奨学金を得てアリゾナ大学に入学し、鉱山学冶金学化学を学んだ。その後化学の研究のためにカリフォルニア大学バークレー校へ進学し、1927年学位を取得。1930年にはカリフォルニア大学バークレー校で教鞭を執った。

1931年プリンストン大学へ講師として招かれる。また、同年にハンガリー物理化学者であるマイケル・ポランニーと共に活性化エネルギー計算法について発表した。

1935年、アメリカに帰化する。

1938年、プリンストン大学で教授となるが、1946年にはユタ大学の教授となる。

1941年には『反応速度論』を著す。

1949年、ユタ大学大学院の学部長の職を得て大学を移る。

1963年アメリカ化学会1965年アメリカ科学振興協会の理事長に就任した。

1981年ソルトレイクシティで生涯を終える。

彼自身も熱心なモルモン教信徒であった。彼の息子ヘンリー・B・アイリングは1995年4月6日、十二使徒定員会会員となる。

受賞歴[編集]

  • 1932年 - AAAS Newcomb Cleveland Prize
  • 1964年 - ピーター・デバイ賞物理化学賞
  • 1966年 - アメリカ国家科学賞物理学賞
  • 1967年 - Langmuir prize
  • 1969年 - ライナス・ポーリング賞
  • 1969年 - Cresson Award from the Frankin Institute
  • 1975年 - T. W. Richards medal
  • 1975年 - プリーストリー賞
  • 1979年 - Berzelius medal
  • 1980年 - ウルフ賞化学部門

参考文献[編集]