キリアコス・コスタ・ニコラウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K. C. Nicolaou
人物情報
生誕 1946年7月5日(68歳)
 キプロスカラヴァス
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ロンドン大学
学問
研究分野 化学者
研究機関

ペンシルバニア大学
カリフォルニア大学サンディエゴ校

スクリプス研究所
シンガポール科学技術研究庁
主な指導学生 フィル・バラン
主な業績 全合成
タキソール全合成
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

キリアコス・コスタ・ニコラウ(Kyriacos Costa Nicolaou、ギリシア語: Κυριάκος Κ. Νικολάου1946年7月5日-)は、キプロス出身のアメリカ化学者である。数多くの天然物全合成に成功している、この分野の世界的第一人者である。

経歴[編集]

1946年7月5日、キプロス島、カラヴァスに生まれ、18歳まで育った。1964年にイングランドに行き、英語を学び大学への入学の準備のため2年間を過ごした。ロンドン大学では化学を学んだ(B.Sc., 1969, ベッドフォード・カレッジ; Ph.D. 1972, ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン, F. Sondheimer教授およびP. J. Garratt教授)。1972年、アメリカに渡り、コロンビア大学(1972年-1973年)のトーマス・カッツやハーバード大学(1973年-1976年)イライアス・コーリー教授のもとでポスドクとして研究した後、ペンシルベニア大学で職を得た。ペンシルバニア大学ではRhodes-Thompson Professor of Chemistryとなった。ペンシルバニ大学にいる間に、誉れの高いスローン・フェローショップを得た。


1989年、カリフォルニア大学サンディエゴ校で化学の教授、スクリプス研究所で化学科主任を務め始めた。スクリプス研究所ではDarlene Shiley Professor of Chemistryとなった。1996年、スクリプス研究所に設置されたSkaggs Institute for Chemical BiologyのAline W. and L.S. Skaggs Professor of Chemical Biologyに任命された。2005年から、シンガポール科学技術研究庁の化学合成研究室を指揮している。2013年にライス大学に移ることが発表されている。

研究[編集]

パクリタキセルブレベトキシンバンコマイシンエポチロンアザスピロ酸プラテンシマイシンなど多数の複雑な天然物全合成を達成しており、この分野において傑出した実績を挙げている。また全合成の教科書として著名な「Classics in Total Synthesis I・II」などの単行本、各種総説など旺盛な執筆活動でも名高い。

全合成を達成した化合物[編集]

著作[編集]

以下は共著の書籍である。

  • Classics in Total Synthesis I, 1996[1]
  • Classics in Total Synthesis II, 2003[2]
  • Classics in Total Synthesis III, 2011[3]
  • Molecules That Changed the World, 2008
  • Handbook of Combinatorial Chemistry: Drugs, Catalysts, Materials, 2002
  • Selenium in Natural Products Synthesis, 1984

受賞[編集]

ニコラウは以下の賞を含む数多くの賞を受賞している。

  • Schering Prize(ドイツ)
  • Aspirin Prize(スペイン)
  • Max Tishler Prize Lecture(ハーバード)
  • Yamada-Koga prize(日本)
  • Janssen Prize(ベルギー)
  • 名古屋メダル(日本)
  • Centenary Medal (Royal Society イギリス)
  • Paul Karrer Medal(スイス)
  • Inhoffen Medal(スペイン)
  • Nichols Medal(米国)
  • Linus Pauling Award(米国)
  • 1998 Esselen Award(米国)
  • ACS Award for Creative Work in Synthetic Organic Chemistry(米国)
  • ACS Guenther Award in Natural Products Chemistry(米国)
  • 2003 Nobel Laureate Signature Award in Graduate Education (with Phil S. Baran)
  • Tetrahedron Prize Award
  • 2005 アーサー・C・コープ賞
  • 2011 ベンジャミン・フランクリン・メダル化学部門(フランクリン研究所、米国)[4]
  • American Academy of Arts and Sciencesフェロー
  • 米国科学アカデミー会員
  • Several honorary degrees

脚注[編集]

  1. ^ Nicolaou, Kyriacos Costa; E. J. Sorensen (1996). Classics in Total Synthesis: Targets, Strategies, Methods. Wiley-VCH. ISBN 3-527-29231-4. 
  2. ^ Nicolaou, Kyriacos Costa; S. A. Snyder (2003). Classics in Total Synthesis II: More Targets, Strategies, Methods. Wiley-VCH. ISBN 3-527-30684-6. 
  3. ^ Nicolaou, Kyriacos Costa; J.S. Chen (2011). Classics in Total Synthesis III: Further Targets, Strategies, Methods. Wiley-VCH. ISBN 3-527-32957-9. 
  4. ^ Benjamin Franklin Medal in Chemistry”. Franklin Institute (2011年). 2011年12月23日 (2011-12-23)閲覧。

外部リンク[編集]