ジョージ・パットン4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・スミス・パットン4世
George Smith Patton IV
George Patton IV DF-ST-84-01686.JPEG
ジョージ・パットン4世(1977年)
生誕 1923年12月24日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ボストン
死没 2004年6月27日(80歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州サウスハミルトン英語版
所属組織 United States Department of the Army Seal.svg アメリカ陸軍
軍歴 1946年 – 1980年 (USMA 1942年 – 1946年)
最終階級 少将(Major General)
除隊後 農夫
The Fighting Pattons』共同執筆者
墓所 アーリントン国立墓地
テンプレートを表示

ジョージ・スミス・パットン4世(George Smith Patton, IV、1923年12月24日 - 2004年6月27日)は、アメリカの軍人。アメリカ陸軍の軍人として朝鮮戦争ベトナム戦争に従軍した。最終階級は少将第二次世界大戦で活躍したジョージ・パットン将軍の息子である。

軍歴[編集]

1923年、マサチューセッツ州ボストンにてジョージ・スミス・パットン・ジュニア少佐の息子として生を受ける。1946年、陸軍士官学校を卒業[1]。当初は歩兵将校としての教育を受けており、1948年には西ドイツレーゲンスブルクに派遣される。彼の部隊はベルリン空輸作戦の際、空軍の輸送機まで物資を輸送する任務に従事していた。 1952年に帰国した後、ジョアン・ホルブルック(Joanne Holbrook)と結婚した。

1953年2月、第40歩兵師団英語版第140戦車大隊A中隊の指揮官として朝鮮戦争只中の朝鮮半島に派遣される[2]。朝鮮戦争終結までにそれぞれ1つ目の銀星章名誉戦傷章を受章している。

1954年に帰国する頃には大尉に昇進しており、一時期は陸軍士官学校に勤務したが、まもなく海軍兵学校に教官として派遣された[3]

パットンは合計3回ベトナムに派遣されている。1962年4月から1963年4月まで南ベトナム軍事援助司令部(MACV)の一員として派遣されたのが1度目で、彼はその間に中佐まで昇進している。帰国後はフォート・フッドにて第1機甲師団第81機甲連隊英語版第2中戦車大隊の指揮官として勤務した。1967年にはこの職を離れて再びベトナムに派遣されるが、その期間はわずか3ヶ月のみだった[4]。最後のベトナム派遣は1968年1月から1969年1月の期間であった。この派遣中、彼は野戦における戦功により2つの殊勲十字章を受章している[5]。この派遣の折、彼は当初ベトナム派遣軍団英語版の本部付作戦部長たる職にあった。しかし1968年4月に大佐に昇進した後、第11機甲騎兵師団英語版の指揮官となる。彼はしばしば移動指揮所としてヘリコプターを用い、3度[要出典]撃墜され、のちに殊勲飛行十字章を受章している。

ベトナム戦争後の1970年6月、准将に昇進すると共に第2機甲師団英語版の指揮官となる。第2機甲師団は第二次世界大戦の北アフリカ戦線にて彼の父が率いた部隊であり、これはアメリカ陸軍において、父と息子が同じ師団を率いた最初の事例であった。

1972年、フォート・ノックスの副司令に着任。この頃、彼はしばしば兵用食堂で食事を採っていた事から、兵士たちに「兵隊将軍」(GI General)と渾名されていた。

その後、少将に昇進すると共に在独米軍の第7軍団英語版副司令に着任する。駐屯地はシュトゥットガルト近くにあり、エルヴィン・ロンメル元帥の息子マンフレート・ロンメルが市長になると、パットンとロンメルは初めて会談の機会を持った[6]。共に著名な戦車指揮官の息子として、彼らの友好関係は2004年にパットンが死去するまで続いた。また偶然にも、ロンメルの誕生日も12月24日であった。

受章[編集]

ArmyAvitBadge.gif 陸軍航空機乗員記章英語版
US Army Airborne basic parachutist badge.gif 陸軍空挺記章英語版
Bronze oak leaf cluster
柏葉付殊勲十字章
Bronze oak leaf cluster
柏葉付銀星章
Bronze oak leaf cluster
Bronze oak leaf cluster
二重柏葉付メリット勲章
殊勲飛行十字章
名誉戦傷章
功労メダル英語版
白獅子勲章英語版(チェコの勲章)

[7]

退役後[編集]

ベトナムのパットン大佐

1980年に退役した後、彼は父から受け継いだボストン北の250エーカー (1.0 km2)の土地にグリーン・メドウズ・ファームという農場を作った[8]。その名はベトナム従軍時、彼の指揮下で戦死した兵士の名を冠したものだという[5]。1997年には作家ブライアン・ソーベルが手掛けていたパットン家の伝記『The Fighting Pattons』の執筆に携わる。同書では軍人一家であるパットン家が70年間を費やし携わってきた5つの戦争に関しても詳しく記述されている。

2004年、パーキンソン病により80歳で死去[9]

家名[編集]

ジョージ・パットン4世は、一族で4人目の「ジョージ・スミス・パットン」であった。曽祖父ジョージ・スミス・パットン英語版南北戦争連合国陸軍(南軍)の大佐として従軍し、1864年のオペクォンの戦いで戦死した。1856年に生まれた祖父ジョージ・ウィリアム・パットンは1868年に父の名誉を称えてジョージ・スミス・パットンと改名している。彼はバージニア州立軍事学校英語版に入校したものの、4人の「ジョージ」の中で唯一軍人の道を選ばなかった。父ジョージ・スミス・パットン・ジュニア第二次世界大戦にアメリカ陸軍の軍人として従軍し、最も有名な「ジョージ」となった。父は「ジュニア」と名付けられていたものの、実際には3人目の「ジョージ」であった。その為、息子にジョージ・パットン4世の名を与えたのである。なお、1945年に父が事故死した後、法律上の氏名はローマ数字を省いたジョージ・スミス・パットンに変更している。ジョージ・パットン4世の長男ジョージ・スミス・パットン・ジュニアは5人目の「ジョージ」に当る。

脚注[編集]

外部リンク[編集]